緑区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

認知症高齢者等 「見守りシール」普及進まず 活用事例は2年で27件

社会

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
二次元コードが印刷された「見守りシール」
二次元コードが印刷された「見守りシール」

 認知症が原因で行方不明になった高齢者の早期発見・保護につなげようと横浜市が進める「見守りシール」事業が3年目を迎える。二次元コードを読み込みコールセンターに連絡が入った事例は27件。一方でシールの存在の市民周知など普及へ向けた課題も見えてきた。

 市の推計値によると団塊の世代が75歳以上になる2025年には認知症高齢者は約20万人 に達すると予測されている。

 市は18年12月に本人の身元を特定できる「見守りシール事業」をスタートした。警察や行政機関が連携する「認知症高齢者等SOSネットワーク」へ事前に登録することと、迎えに行くことができる家族らがいることが条件で、今年10月末時点で1409人が登録している(緑区は65人)。

 シールは粘着タイプと衣類などにアイロンで圧着することができる2種類が用意されている。

 二次元コードを携帯端末などで読み込むとコールセンターの電話番号とID番号が表示され個人を特定。コールセンターから事前に登録されている情報をもとに家族などへ連絡が入る仕組みになっている。

 市担当によると事業開始から10月末までの間に徘徊中の高齢者に市民や警察官らが声をかけ二次元コードを読み取り、コールセンターへ連絡が入ったケースは27件あったという。

市民周知に課題

 事業開始から2年が経ち、課題も見えてきた。そのひとつが「市民への周知」だ。早期発見・保護を進めるこの事業では、発見者がこのシールの存在や仕組みを知っているか否かが大きなポイントとなる。

 保土ケ谷区内にある地域ケアプラザでは今秋、民生委員やケアマネージャーらが参加し「見守りシール体験会」を実施。認知症高齢者への声の掛け方などを学んだ後、高齢者に扮し地域内を徘徊するスタッフを見つけ、声を掛けながら二次元コードを読み込み、コールセンターへ連絡するまでの流れを実際に体験した。市担当は「こういった好例を連絡会などを通じ共有し、市民への周知を図り『見守りの目』を増やすことができれば」と話している。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月15日号

集団接種を5月中旬開始

コロナワクチン

集団接種を5月中旬開始 社会

個別接種も6月以降に

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

丸産技研が命名権取得

長津田北口歩道橋

丸産技研が命名権取得 社会

1日から愛称を標示

4月8日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.masaharu.info/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter