緑区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

横浜市内商店街 宣言明けの活性策に期待 市補正予算など活用

経済

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 緊急事態宣言が解除され、市内各商店街の活性に期待が寄せられている。横浜市は9月補正予算を活用した市内飲食店等消費促進事業の実施を予定しており、市の担当者は「第6波への備えが重要だが、各取り組みの効果を注視したい」と話した。

 新型コロナウイルスの第5波が収束に向かい、横浜市は10月25日から11月30日までを基本的対策徹底期間とし、市民利用施設の利用時間や酒類提供、市主催・共催イベントの開催時間を原則平常通りとした。

 市民生活が日常を取り戻しつつある中、市は市内各商店街の活性化に期待を寄せている。各区では今年度、区づくり予算で予定されていたイベントの一部がコロナの影響で中止となっていたが、その予算を活用した区や商店街主催のイベントが泉区、保土ケ谷区、磯子区、瀬谷区で実施されており、神奈川区でも11月1日から始まる。

 市経済局の担当者によると、その他の区でも区づくり予算や市の9月補正予算の市内飲食店等消費促進事業を活用し、地域経済活性化に向けた準備が進められている。また、12月から来年2月にレシートを活用したポイント還元やキャッシュバック等による市内飲食店利用促進事業の実施も予定している。これらの地域経済活性化に向けた消費促進事業の実施について、市の担当者は「事業実施の効果については経過をみながら検証していく。感染再拡大には注意が必要だが、商店街に活気が戻れば」と各取り組みへの期待感を示す。

プレミアム付商品券好調

 また、プレミアム付商品券企画が好調だという。これまで市には25団体が申請しており「随時販売中だが、軒並み完売という報告を受けている。直接的な賑わいにつながるかは未知数だが、9月からホームページ作成などに活用できるソフト支援に関する問い合わせや申請が増えているなど、徐々に動きが出ている」と話す。

 中山商店街協同組合(緑区)の奥津守理事長は「おかげさまで商品券は予定数以上の応募を頂いた。コロナの感染状況を注視しつつ、さまざまな支援事業を活用し商店街を盛り上げていきたい」と力を込めた。

緑区版のトップニュース最新6

災害時想定し訓練実施

竹山16-2団地管理組合法人

災害時想定し訓練実施 社会

マンホールトイレを設置

12月9日号

ゲーム・ネット依存1割

横浜市小中学生

ゲーム・ネット依存1割 教育

市教委が初の実態調査

12月9日号

おすすめ絵本が小冊子に

おすすめ絵本が小冊子に 社会

「家庭で楽しんで」

12月2日号

カートレース日本一に

市内在住村田悠磨さん

カートレース日本一に スポーツ

親子で掴んだ”最速最強”

12月2日号

不動産業者に協力要請

自治会加入

不動産業者に協力要請 社会

効果あった2社に感謝状

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook