緑区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

復活と変革の令和4年 誰一人取り残さない 自民党 横浜市会議員 かもしだ啓介(36) 市政報告【16】

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

ワクチン接種事業の安定

 昨夏に第5波として感染力の強いデルタ株が広がる中、ワクチン接種事業は様々な困難に直面しながらも、現在では12歳以上の2回目のワクチン接種率は85%(65歳以上では93%)を超えています。ひとえに市民、医療従事者の皆様のご理解とご協力のおかげと心より感謝しております。今後も、新たな変異株への不安、3回目接種や経口薬への期待など、市民の声に寄り添いながら、脱コロナ施策の着実な実施に取り組みます。

子ども達の心のケア

 一方、感染症への不安や恐怖、或いは感染症対策による家庭・学校の環境の変化が影響し、メンタルヘルス不調に陥る子どもが急増しています。子ども達の心のケアなくしてコロナとの真の決着はあり得ません。引き続き、声なき子ども達の味方となり手厚い支援を訴えて参ります。

行政のデジタル化の意義

 さて、横浜市の長期財政推計では、2035年度に1000億円、2065年度に2000億円の収支不足(赤字)が示されており、子ども達や未来の横浜市民に過度な負担を先送りしない持続可能な都市への変革を余儀なくされています。特に行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション)はその基盤整備として非常に重要な視点です。

 昨年2月、私が若手デジタル推進会の事務局長としてとりまとめた「横浜市のデジタル化にかかる提言」を市のCIO(最高情報責任者)に対し行い、本提言に基づき所属の若手議員が市のDX推進について様々質問し成果を上げました。

 例えば、区役所窓口サービスの遠隔化や申請書類の自動入力化等の環境整備をすることにより利便性向上は勿論、良質な窓口サービスを必要とする市民のために、窓口混雑を緩和させる効果もあります。私はデジタル化によってデジタルを苦手とする方々にも恩恵を感じられるようにすることが、「誰一人取り残さないDX」施策であろうと訴えています。

変革への挑戦!

 私は昨年までに350分の議会質問、6月に脱炭素条例の制定、10月に子どもを虐待から守る条例改正などに携わり、本年はそれらの経験を生かし独自の議員提案条例にも挑戦したいと考えています。サーキュラーエコノミー、スマート農業、自治体の経済安全保障等、新たな視点の政策も積極的に推進し、持続可能な横浜への変革を追求して参ります。

 地域課題も解決へ!

鴨志田啓介

緑区十日市場町834-4 チュウバチビル2階

TEL:045-884-1594

https://1548820122.jimdofree.com/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

区役所前の「渋滞改善」へ向け

区役所前の「渋滞改善」へ向け

令和4年第1回横浜市会定例会報告【10】

5月5日号

信号アプリによる道路横断体験

県政レポート 49

信号アプリによる道路横断体験

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

5月5日号

学校の「複合施設化」とは

学校の「複合施設化」とは

令和4年第1回横浜市会定例会報告【9】

4月28日号

ムダを富に変える「循環経済(サーキュラーエコノミー)」

ムダを富に変える「循環経済(サーキュラーエコノミー)」

令和4年第1回横浜市会定例会報告【8】

4月21日号

「ウ支援」可能な限り

「ウ支援」可能な限り

第1回横浜市会定例会報告【7】

4月14日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook