神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2022年4月28日 エリアトップへ

学校の「複合施設化」とは 令和4年第1回横浜市会定例会報告【9】

公開:2022年4月28日

  • LINE
  • hatena

 人口急増期に整備された公共施設の多くは老朽化しています。2065年までの横浜市の保全更新コストは約7兆6900億円、1年あたり約1700億円と推計されており、今般市が策定する新たな「財政ビジョン」への転換が待ったなしの状況です。特に小中学校は公共建築物の延床面積の約4割を占め最大であり、市は2051年までに築70年となる古い学校から順に、機能改善、学校統合、複合化を重点とし立替えを進めていく予定です。事業費は約1兆円となる見込みです。

 先日視察した京都御池中学校は、学校の複合施設化を主にPFI方式(民間資金等活用事業)で約26・9億円の削減を実現した学校施設です。イタリアンレストラン、ショップ、カフェなどの賑わい施設、保育園、デイサービス、地域包括支援センター、自治会・消防団施設、防災備蓄倉庫が整備され、また3つの小学校が御池中内に統合された9年制小中一貫公立学校です。

 学校の複合施設化は、ひとづくり、まちづくり拠点の集約化と効率化、地域の賑わい創出やニーズの充足等に役立ち、少子化と財政難時代におけるスマートな市政運営の鍵となると考えます。

鴨志田啓介

緑区十日市場町834-4 チュウバチビル2階

TEL:045-884-1594

https://1548820122.jimdofree.com/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

子どものための「共同親権」導入へ!

子どものための「共同親権」導入へ!

衆議院議員 みたに英弘

5月30日

横浜ならではの都市農業をもっと身近に!

市政報告

横浜ならではの都市農業をもっと身近に!

横浜市会議員 おくだ 記子(のりこ)

4月25日

予算閉会「重大な論点」継続

予算閉会「重大な論点」継続

令和6年横浜市会第1定例会 市政報告58

4月4日

「紅麹」から考える安心な暮らし

横浜市の様々な事業・取組に着目!

市政報告

横浜市の様々な事業・取組に着目!

横浜市会議員 おくだ 記子(のりこ)

3月28日

緑スポーツセンターの和式トイレが全て洋式化します

緑スポーツセンターの和式トイレが全て洋式化します

 令和6年第1回横浜市会定例会報告 市政報告57

3月21日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook