都筑区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

全日本空手道選手権大会で優勝した 吉浜 恭介さん 北山田在住 24歳

アンディ胸に目指す世界一

 ○…得意の上段膝蹴り、硬い拳の連続パンチ、華麗な上段回し蹴り―。フルコンタクトの空手の試合で、相手が立てなくなる威力の技を連発。全試合を一本勝ちで、鮮やかな初優勝を決めた。「この大会に向けて練習してきたので、嬉しいです」と、スポーツマンらしい爽やかな笑顔をみせた。

 ○…空手を始めたのは小学6年生の時。K-1で活躍する空手家、アンディ・フグへの強烈な憧れがきっかけだった。その”ヒーロー”の魅力を聞くと、「努力の天才」と一言。貧しい境遇から這い上がってきた、力だけではない”強さ”が、少年の目には何よりもかっこよくうつった。「僕も空手で世界一になりたい」。フルコンタクトの空手は、練習も辛いもの。拳、蹴りと、そのままの力を体で受け止める。もちろん、攻めではその逆。自分の苦しさだけでなく、人の痛みまでを知り、不屈の精神を養っている。その成果は確実に実ってきた。同大会の後に行われた大会では準優勝を収め、来年は世界大会出場の切符も手にしている。

 ○…小さい頃から元気いっぱい。荏田小、中川西中と、少年時代は地元の友達と活発に遊びまわった。現在は自分の鍛錬に加え、週に3日は道場で指導中。教えるのは、自分が育てられた地元の”次の世代”。厳しい練習に、くじけそうになる子どももいるとか。そんな時は、「痛みや苦しさを乗り越えることは、空手だけじゃなくこれからの人生で大切なんだよ。だから今、辛くても乗り越えよう」と熱い目で語りかける。自分で実践してきたことを伝えたい。

 ○…空手に仕事に、充実する毎日の楽しみはお酒。「みんなで盛り上がるのが楽しい」とニコニコ。地元の友達や空手仲間に囲まれ、気持ちはいつも前向き。道場の先生がいつも言う「かいた汗は嘘をつかない」という言葉を胸に、努力の日々を送る。まぶしいほどの若いパワーで、世界チャンピオンへの道を走り続けて欲しい。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6件

有好 まなみさん

「WOMEN’S MEET UP!」プロジェクトを企画・運営するモヤ→キラ委員会代表

有好 まなみさん

3月15日号

城田 栄一さん

都筑警察署に防犯カメラを寄贈した都筑工場事業所防犯協会会長の

城田 栄一さん

3月8日号

皆川 幸成さん

ビーコルセンターを開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月1日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク