都筑区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

「WOMEN’S MEET UP!」プロジェクトを企画・運営するモヤ→キラ委員会代表 有好 まなみさん 高山在住 44歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

女性の笑顔へ、全力投球

 ○…女性を応援する市民団体の代表に抜てきされた。「女性が主体性をもって活動できるように」「暮らしやすく、働きやすく、生きやすい環境をつくるために」「みんなちがって、みんないい」の3本柱が理念。約15人のメンバーと月1回会議し、自分探しや働き方などをテーマにした催しを企画している。「自分の思い描いたことが、形になっていくのが楽しい。メンバーたちは、一人ひとりのアイデアを尊重してくれる」と穏やかな表情で語る。

 ○…山口県生まれ。小学校ではリレーの選手に選ばれ、中学に入ると生徒会に所属するなど、文武両道な少女だった。「何でも一生懸命に取り組んだ」と振り返る。スタイリストになる夢を抱き、18歳で上京。ファッションの専門学校で3年間学び、服の型紙を作るパタンナーの仕事に就いた。忙しい日々を送る中で「もう仕事はやり切った。もっと私はできる。でも何がしたいんだろう」と向上心の強さから退職。金融会社や花屋など、興味が赴くままにやりたいことをする好奇心旺盛な20代を過ごした。

 ○…29歳で結婚し、仕事を離れ専業主婦に。長男が幼保園の時、バザーの品物を作るため編み物を頼まれた。「ものづくりは楽しい」とハンドメイドサークルを立ち上げ、さまざまな親と交流。「母のモヤモヤする気持ちを吐き出す時間が大切だと感じた」。作業するより悩みを相談し合うことの方が多かったという。「人が成功し、変わっていく姿を見たい」という思いが団体活動の原動力。周囲の人への思いやりは人一倍だ。

 ○…現在は中2・小6・小2の子を持つ3児の母。また、ウェブ上のブログを書くライターや手作りの小物をネット販売するなど多くの顔を持つ。自身が生み出すものに対しては、徹底的にこだわり、常に全力。「子育てに悩む親は今後も絶えないと思う。一歩踏み出すきっかけ作りをし、たくさんの人に笑顔が広がっていけば」と目を輝かせた。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

神谷 百さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百さん

高山在住 19歳

5月5日号

平田 釉莉(ゆうり)さん

8月に行われるバトントワーリングの世界大会日本代表に選ばれた

平田 釉莉(ゆうり)さん

港北区在住 16歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

カテリーナさん

横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 35歳

3月31日号

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook