都筑区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

写真展「かお」を主宰するフォトサークルピクニック代表の 楠 加奈絵さん 仲町台在住 35歳

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

残り続ける家族の幸せを

 ○…主宰するフォトサークルピクニックのメンバーと共に初の写真展を開催する。全てが初めてのチャレンジだったが、撮影はもちろん会場の設営や告知など全て自分たちで準備した。「写真を印刷して見返す楽しさも伝えられれば」と特大のA1サイズも展示。産毛が見える等身大サイズでそこに存在するような一枚に仕上がった。「今はマスクをしているから顔が見えないが顔を見合わすことのできる幸せも伝えたい」

 ○…山口県出身。絵描きや、工作が好きな幼少期。「どうやら祖父も父も工作が好きだったみたい。遺伝ですね」と微笑む。フィルムカメラ好きの父親と、アルバム作りが好きな母の下に育ち、気が付くと自分もカメラ好きに。カメラが趣味で出会った夫と結婚し、5歳と2歳の娘のママになった。「母がアルバムを50冊以上作ってくれていたので結婚式のムービーで困らなかったです、私も娘に作ってあげたい」と思いは膨らむ。

 ○…公務員やスタジオカメラマンを経験し、4年前から本格的にベビーフォトやロケーションフォト撮影を行うカメラマンに。「人見知りの子でもパパと遊んでる表情はとっても笑顔。遊びの一瞬を切り取るように撮影している」と極意を語る。目指すのは自分を撮影してくれた父親の写真のような”ずっと残り続ける”写真だ。「流行りを追いかけるのではなく、見返したときに楽しい気持ちごと思い出せるような写真を撮りたい」

 ○…「お酒を飲んだり友達とおしゃべりするのがリフレッシュ」と子育てと両立しながら創作活動を行う日々。「今、カメラマンは飽和状態。誰でも撮れる時代だからこそ自分が作風を深め『楠さんに撮ってもらいたい』といわれる写真家になりたい」と前を向く。

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

斉藤 俊文さん

コロナ禍でも障害者の雇用を守る合同会社源八の代表

斉藤 俊文さん

仲町台在勤 52歳

12月2日号

浜田 一平さん

「PEI」を池辺町にオープンさせた音楽家でイラストレーターの

浜田 一平さん

区内在勤 41歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

川野 楠己さん

2021年度のヘレンケラー・サリバン賞を受賞した瞽女研究家の

川野 楠己さん

都筑区在住 91歳

11月4日号

相澤 毅さん

池辺町でプロデュースしたものづくり拠点がグッドデザイン賞を受賞した

相澤 毅さん

青葉台在住 44歳

10月28日号

新保 真佐江さん

11月に演奏会を開催する都筑区三曲協会会長の

新保 真佐江さん

早渕在住 61歳

10月21日号

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook