旭区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者 志駕(しが) 晃(あきら)さん 横浜市在住 57歳

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

ライバルはスマホ

 ○…3年前に発表したデビュー作『スマホを落としただけなのに』がいきなり映画化、シリーズ累計91万部と異例のヒット。2月21日には早くも続編が公開される。物語のスピード感が作品の持ち味だが、自身のこととなると、実感が湧かない様子。一方で「見終わった後に誰かに話したくなるような映画に仕上がっていた」と原作者としての喜びをかみしめる。

 ○…誰もがあり得るスマホを落としたら、という身近なテーマの着想は自身の経験から。「実は今でも酔っぱらって年2回はスマホを落としています」と苦笑い。20年来暮らす横浜は「歴史もあり絵になる街。小説の舞台にぴったり」。休日には横浜の本屋巡りを楽しみ、自分の本が置いてある売場をツイッターで密かに発信しているとか。

 ○…綾瀬市で育ち、少年時代の夢は漫画家か小説家。厚木高校の美術部でアニメ製作を手掛け、明治大学では漫画研究会に所属。サラリーマン経験を作品作りに生かせればと卒業後、ニッポン放送に入社した。すると大好きな物作りの才能が開花し『オールナイトニッポン』等の人気番組を手掛ける名物ディレクターに。時間に余裕ができた48歳から小説を書き始め、開発局長時代に作家デビュー。今も子会社に勤務しながら早朝2時間を執筆にあてる「二足のわらじ」生活を続ける。

 ○…「小説もラジオもイノベーションが必要。スマホのように面白いコンテンツを作り続けないと」。SNSのなりすまし、仮想通貨流出、東京五輪のサイバーテロなど小説の題材では珍しい時事問題をあえて扱うのもその一つ。「普段本を読まない若い人にも面白いと思って読んでもらえたら。ライバルはスマホ」ときっぱり。業界の常識を打ち破り、新たな発想で物作りに挑んでいく。

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

中山 憲一さん

横浜富士見丘学園の副校長で、地理研究部顧問を務める

中山 憲一さん

川崎市在住 61歳

3月5日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月27日号

木下 早苗さん

旭区民を中心とした一般公募によるミュージカルを24日に開催する

木下 早苗さん

四季美台在住 

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク