旭区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める 那須 健二さん 保土ケ谷区在住 79歳

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena

誇り抱き相撲甚句を普及

 ○…江戸時代に始まり、大相撲の地方巡業などで力士らが唄う「相撲甚句」。人気力士や日常生活、地方の郷土文化を七五調の歌詞に盛り込んだ伝統芸能だ。相撲甚句の普及を進める(一社)横浜相撲甚句会の会長を2010年から務め、関東や全国の甚句会にも出演している。「相撲甚句は声と手拍子だけでできる芸。唄う楽しみも、様々な歌詞を聴く楽しみもある」と笑う。

 ○…同会は1997年に発足。現在は約20人が所属しており、西地区センターで月2回の稽古に励む。施設利用などの点でメリットがあることから、昨年3月には一般社団法人化した。「もっと多くの方に相撲甚句を知って楽しんでもらいたい。そして、会員にも自分たちの活動に誇りを持ってもらえたら」。一歩ずつ普及への歩みを進めながら、会員を力強く見守る。

 ○…熊本県出身。子どもの頃から体格に関係なく勝負にのぞむ相撲が好きで、観戦後に立ち寄ったちゃんこ屋で流れていた相撲甚句に親しんだ。高校生で横浜市に引越し、20歳の時に空調機器などの開発会社に就職した。相撲は好きだったものの甚句には携わってこなかったため、定年退職間際に挑戦しようと奮起。広報誌で見た同会に入会し、保土ケ谷区のイベントをはじめ、文化体育館でも相撲甚句を披露してきた。

 ○…法人化して初めての相撲甚句神奈川大会を1月29日に瀬谷公会堂で開催し、約500人が来場した。会場は立ち見客が出るほど盛況で「こんなにも興味を持ってくれている人が分かった」と手ごたえを感じたという。今後は会員増強にも注力する考えで、「施設訪問を通し、少しでも興味を持ってくれる仲間を増やしていきたい」。そんな思いを唄に込める。

旭区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

宮下 遥奈さん

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

宮下 遥奈さん

四季美台在住 20歳

4月23日号

高橋 久美子さん

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する

高橋 久美子さん

市沢町在住 48歳

4月16日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月9日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク