旭区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

旭警察署の署長に着任した 本城 宏一さん 区内在住 59歳

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

ぶれない正義感を胸に

 ○…署長としての勤務は旭区が2カ所目。9月3日付での着任にあたり、まず署員に伝えたのは「あいさつ」の重要性。円滑なコミュニケーションが仕事を進める第一歩と考え、「署員同士、地域の人、家族。警察官である前に一人の人として、ちゃんとしよう」。コミュニケーションを大切に、どんな相手にも誠実に接している。

 ○…交通機動隊に憧れ、警察官を志した。入庁後は刑事畑を中心に経験し、「悪い奴を捕まえたい」という一心で職務に励んできた。刑事として事件の捜査をはじめ、遺体を見て事件性を判断する検視官も経験。悲惨な現場も数々見てきた中で心が痛むことも多くあったが、「『犯人を捕まえないと』『事件なのかどうか判別しないと』という気持ちが強かった」。まっすぐな視線で語る姿からは、ぶれない正義感を感じさせる。

 ○…出身は現在の横浜市緑区。「自然や住宅が多いところが似ている」と、隣接している旭区には親近感を抱く。暑さが落ち着いてきたこともあり、息抜きも兼ねてこれからやりたいのが散策。「車や自転車とも違った目線でまちを見ることで、気づきも多い。守っていくためにも、少しずつ旭区を知っていきたい」。署を一歩出たとしても、頭の片隅には常に仕事のことがある。

 ○…刑事であれば事件解決に注力するが、一署としての役割は交通事故防止や防犯など多岐にわたる。「旭区は広くて人口も多く、それだけ責任も感じる。事件を解決すればいいだけではない」と気を引き締める。地域を守るために必要なのは「当たり前のことを確実に実行し、署をまとめる立場として的確な判断をしていくこと」。旭区が安全・安心な地域であり続けるため、正義感を胸に署を牽引していく。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

山村 心弥(みや)さん

神奈川県中学校総合体育大会の陸上競技・女子1500mで優勝した

山村 心弥(みや)さん

今宿中学校3年 14歳

10月22日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月15日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化された児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

横浜市在住 39歳

10月8日号

本城 宏一さん

旭警察署の署長に着任した

本城 宏一さん

区内在住 59歳

9月24日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

9月17日号

奥田 玲生(たまみ)さん

最年少でビリヤードのプロテストに合格した

奥田 玲生(たまみ)さん

旭区出身 18歳

9月10日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク