旭区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した 新川(にっかわ) 敬一さん 今宿南町在住 29歳

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena

農地に人を増やしたい

 ○…県内の若手農業者が活動の成果や都市農業への意見などを発表する「かながわFARM21発表会」。その「農業青年主張の部」で最優秀の県知事賞を受賞した。出場に向けては所属するJA横浜青壮年部の都岡支部が一致団結。仕事を終えた先輩や職員が毎週発表の練習に立ちあい、目線からジェスチャーまで細かなアドバイスをくれた。「受賞をみんな喜んでくれたので良かったですね」と目尻が下がる。

 ○…実家は農家。幼い頃から継ぐように言われていたが反発し、配電盤の工場に就職した。転機が訪れたのは久々に実家に帰った時。仲が悪かったという祖父と体調や農業の話をすると親孝行したい気持ちが芽生えた。「色々迷惑かけたんで」。5年前に就農すると間もなく祖父が他界。農業を背負っていく覚悟が決まった。

 ○…現在は父とともに主にネギを作る。甘みと太さがウリだが、細いネギも求められていることを知り、独学で同じ品種から細いネギも作り始めた。「横浜野菜の強化品目にネギがないので入れてもらいたい」。肥料を工夫し、より甘さのあるみずみずしいネギを3年以内に作ることが目標だ。「手をかけた分だけいいものができるし、サボるとモロに返ってくる。結果にでてくるのは楽しい」と笑顔で話す。

 ○…今回の発表会では「新たに農業を始める人に耕作が大変な荒廃地が割り当てられる現状」を問題として指摘。農業人口を増やすための決意などをアピールした。12月には県の代表として関東甲信越地区大会に臨み、さらに全国大会も見据える。「今まで良くしてもらったので期待に応えられるように頑張りたい。やるからには全国優勝を目指してやるだけ」。作物だけでなくスピーチも日々改良中だ。

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 清美さん

こども自然公園を18年にわたり、撮影し8月19日から募集開始の講座の講師を務める

鈴木 清美さん

南本宿町在住 63歳

8月11日号

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

万騎が原地域ケアプラザで浴衣の着付けと所作講座を行う日本舞踊師範の

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

南本宿町在住 40歳

8月4日号

秋岸 寛久さん

作曲家として今宿地域ケアプラザでクラシック音楽鑑賞講座を行う

秋岸 寛久さん

中希望が丘在住 59歳

7月28日号

吉田 正利さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に7月から就任した

吉田 正利さん

金が谷在住 46歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook