旭区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

神奈川県立公文書館の館長を務める 今部(こんべ) 一良さん 中尾在勤 57歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

歴史の記録を後世へ

 ○…歴史的価値のある古文書や公文書を収集・選別・保存し、県民共有の記録遺産として後世に伝える役割を担う「神奈川県立公文書館」の館長に昨年4月に就任した。就任時は既に新型コロナの影響で臨時休館状態。10月に再開後は予約制での資料閲覧に対応している。総数約81万点の資料を収める同館には、年間ダンボール1万箱超の文書が搬入される。「静かな職場のイメージだったが、手作業で仕分けや整理をするので意外と体力も必要なんです」と着任当時の驚きを口にする。

 ○…コロナ禍で企画展などが全て中止となる中、何かできないかと実現したのが3月31日まで開催中の「ミニ展示 畠山重忠と二俣川」。通常の企画展は何カ月もかけ準備するが、大河ドラマに地元ゆかりの武将が登場するとあって、放送前の12月に展示開始を間に合わせようと考案。職員に掛け合い、他館所蔵資料の許諾手続きなどを短期間で進めた。仕事のモットーは「風を捕まえなさい」。「県民の皆さんが求めることを常々意識し仕事に臨んでほしい」と職員に語り掛ける。

 ○…二宮町で育ち、地元に貢献する職業を志し大学卒業後に県職員に。印象深い仕事が「環境基本条例の制定」と「県内への企業誘致」。条例制定時には当時珍しかったパブリックコメント(意見公募)を行うため様々な場所を訪問。企業誘致は研究所を対象に県内の魅力を訴えるプロモーション活動を行った。「今でも電車や車から誘致した企業が見えると嬉しい」

 ○…同館が来年開館30周年になるにあたり、古くなった施設や限りのある書庫などの課題に「次の30年に向けて道筋をつけられたら」と話す。紙だけでなく電子文書も増える今、時流に合わせた資料の公開方法の構築にも力を注いでいる。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 洋之さん

4月に老人福祉センター横浜市福寿荘の館長に就任した

鈴木 洋之さん

白根在勤 46歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

梶浦 敦さん

ひかりが丘地域ケアプラザで9日まで写真の展示を行う

梶浦 敦さん

上白根町在住 89歳

5月5日号

濱原 由美さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

濱原 由美さん

川井本町在住 53歳

4月21日号

山田 恵子さん

今宿西地域ケアプラザで4月から「手話ダンス」の講座を開催する

山田 恵子さん

今宿南町在住 66歳

4月14日号

植田 和子さん

地域子育て支援拠点「ひなたぼっこサテライト」の責任者に就任する

植田 和子さん

区内在住 

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook