金沢区・磯子区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

金沢区ソフトボール協会の理事長で、審判のレベルアップに尽力した 山下 逸重さん 磯子区杉田在住 72歳

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

謙虚さは審判の資質

 ○…金沢区ソフトボール協会の立ち上げから32年間、審判員として区内ソフトボールのレベル向上に尽力してきた。来年度、12回目の理事長を務める。「いい審判を増やすことが良いチームを作る」という信念のもと、協会の運営を行う。

 ○…「連盟立ち上げ当時は審判のレベルが低く、誤審も多かった」という。誤審が原因で負けたチームの小学生が、監督に殴られる―そんな光景が日々見られた。技術の向上は不可欠だと考え、「上手い審判がいる」という噂を聞けば県外にまで足を運び、技を盗んだ。経験を積み、徐々に技術を上達させた。

 ○…91年の国体関東大会の試合で、誤審の疑いが残る判断をしてしまった。気持ちが切り換えられず、最後まで集中できずに終わった。「俺は上手い」という自信がついてきた頃の失敗。「謙虚になるべきだと思いなおした」と振り返る。今は謙虚さを第一に試合にあたり、そして指導を行う。「誰でも誤審はあり得る。先輩後輩関係なく、誤審は誤審だと指摘しあう関係が大切」と説き、それこそが真の信頼関係だと後輩に伝えている。

 ○…少年時代は野球に熱中した。「当時貴重な野球ボールを草むらの中に無くしたときは、泣きながら探したものだ」とほほ笑む。ソフトボールへの転向は、息子が区内チームに入ったことがきっかけ。ボールがホップする独特の投球を目の当たりにし衝撃を受けた。「『ソフトボールは山なりボール』と馬鹿にしていたが、心底見直した」。その後息子のチームにコーチとして迎えられた。プレーヤーとしても活躍し、50代の頃全国大会にも出場した。

 ○…かつて「鬼」と呼ばれた厳しい指導で後輩を育成。国体やインターハイへも多くの審判を輩出した。「ソフトボールを通して成長できた。だからこそ還元したい気持ちも強い」。理事長としての今もなお、「謙虚の姿勢」を忘れず、審判指導にあたる。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

武藤 隆夫さん

横浜市電保存館の館長を務める

武藤 隆夫さん

磯子区滝頭勤務 50歳

12月12日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク