金沢区・磯子区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

金沢区ソフトボール協会の理事長で、審判のレベルアップに尽力した 山下 逸重さん 磯子区杉田在住 72歳

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

謙虚さは審判の資質

 ○…金沢区ソフトボール協会の立ち上げから32年間、審判員として区内ソフトボールのレベル向上に尽力してきた。来年度、12回目の理事長を務める。「いい審判を増やすことが良いチームを作る」という信念のもと、協会の運営を行う。

 ○…「連盟立ち上げ当時は審判のレベルが低く、誤審も多かった」という。誤審が原因で負けたチームの小学生が、監督に殴られる―そんな光景が日々見られた。技術の向上は不可欠だと考え、「上手い審判がいる」という噂を聞けば県外にまで足を運び、技を盗んだ。経験を積み、徐々に技術を上達させた。

 ○…91年の国体関東大会の試合で、誤審の疑いが残る判断をしてしまった。気持ちが切り換えられず、最後まで集中できずに終わった。「俺は上手い」という自信がついてきた頃の失敗。「謙虚になるべきだと思いなおした」と振り返る。今は謙虚さを第一に試合にあたり、そして指導を行う。「誰でも誤審はあり得る。先輩後輩関係なく、誤審は誤審だと指摘しあう関係が大切」と説き、それこそが真の信頼関係だと後輩に伝えている。

 ○…少年時代は野球に熱中した。「当時貴重な野球ボールを草むらの中に無くしたときは、泣きながら探したものだ」とほほ笑む。ソフトボールへの転向は、息子が区内チームに入ったことがきっかけ。ボールがホップする独特の投球を目の当たりにし衝撃を受けた。「『ソフトボールは山なりボール』と馬鹿にしていたが、心底見直した」。その後息子のチームにコーチとして迎えられた。プレーヤーとしても活躍し、50代の頃全国大会にも出場した。

 ○…かつて「鬼」と呼ばれた厳しい指導で後輩を育成。国体やインターハイへも多くの審判を輩出した。「ソフトボールを通して成長できた。だからこそ還元したい気持ちも強い」。理事長としての今もなお、「謙虚の姿勢」を忘れず、審判指導にあたる。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook