金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

平成30年度予算質疑

 新年度予算については、2月の本会議での各党代表質問で本格的な審査がスタートし、その後に特別委員会が設置され各局別の予算審査、総合的な質疑を行う連合審査会まで続きました。この連合審査会は、市長が出席して質問者との一問一答形式で行われます。今年は3月20日に開かれ、私は自民党を代表し第2質問者として登壇しました。以下にその質疑についてご報告します。

■劇場の整備

 関―市長は「成熟期にある都市が今後も豊かな人を育むには、文化芸術の力が必要」とし「文化芸術創造都市の実現」を目指した取組を進めてきたが、その総括を伺う。

 市長―これまで現代アートや音楽、ダンスのフェスティバルを開催し、まちづくりや次世代育成に努め、身近で文化芸術に触れる環境整備に取り組んだ結果、観光客数や消費額が増加し、横浜の魅力向上や賑わいの創出に寄与してきた。今後は、ソフト、ハード両面から新たなステージに挑む必要があると思う。

 関―30年度に示された「新たな劇場整備」に向けた予算案は、市長の強い思いが込められたものと思うが、市内には県民ホールなどの既存の施設に加え、民間による音楽ホール整備計画がある。今回の市長が考える劇場のイメージを伺いたい。

 市長―オペラやバレエ、歌舞伎など本格的な舞台芸術の上演施設を考えている。また、横浜から新たな文化芸術の魅力を発信し、若手アーティストや次世代を担う子どもたちの育成につなげたい。そのための横浜独自の劇場整備を目指す。

■商店街の活性化

 関―30年度予算に計上した「フィールドサーベイ事業」の狙いと実施内容について伺いたい。

 経済局長―商店街からの要望に応え、買い物行動に関するアンケートや通行量調査、コンサルティングを行い、今後の支援策につなげていく。

 関―「商店街の活性化に関する条例」が制定され3年が経過した。商店街活性化にかける市長の思いは。

 市長―私も最寄りの商店街を利用しているが、店主とのやり取りに温もりを感じている。今後も地域に親しまれる商店街づくりを応援していく。国内外から多数の来街者が訪れる好機も捉え、活性化につなげたい。

■海洋都市横浜の取組

 関―27年度から「海洋都市横浜うみ協議会」を設立し子どもたちの教育や産業振興につなげているが、その取組を振り返っての所感を。

 市長―海の魅力を体感するイベント「うみ博」には2万人を超える来場者があり関心の高さを実感した。今年は「海と産業革新コンベンション」を開催したところ450を超える企業団体の参加があり、産業振興に向けた手応えも感じている。

 関―「海洋都市横浜」の今後の展開について伺いたい。

 市長―子どもたちの海洋に関する学習機会を充実させ、海洋分野の国際会議等を誘致し、市内企業のビジネスチャンスにつなげていく。そして「海洋都市横浜」の存在感を高めたい。

横浜市会議員 関勝則

〒 235-0036 磯子区中原 2-1-20 ビラ中原 1F

TEL:045-770-5602
FAX:045-770-5603

http://seki-katsunori.asa-internet.com/

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前田憲男さんが出演

杉田劇場

前田憲男さんが出演

8月8日 復興支援コンサート

8月8日~8月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • アスファルトも突き破る力

    金子さんの草花の不思議発見第16回 イタドリ

    アスファルトも突き破る力

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    7月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク