金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

関東学院大学ラグビー部で、男子セブンズ日本代表の 川崎 清純さん 金沢区釜利谷南在住 19歳

一心に強さ求め、描く未来へ

 ○…「賞に恥じない結果を残したい」。昨年9月のアジアラグビーセブンズシリーズ韓国大会に日本代表として優勝し、区民栄誉賞を受賞。ワールドラグビーセブンズシリーズのアメリカ大会(3月1日〜)やカナダ大会(3月9日〜)の日本代表にも名前があがる。「強い人とやりたい」――国際舞台での経験を積み、さらなる飛躍を目指す。

 ○…岩手県出身。中3まで野球に打ち込む。大谷翔平選手を輩出した野球の名門・花巻東高から推薦を受けるも、ひじの怪我で他スポーツへの転向を検討。結果、兄・龍清さんがいたラグビーで有名な盛岡工業高の推薦が決まった。入学前の12月から練習に参加し、ユース日本代表の先輩ら相手にタックル練習に明け暮れた。「何も出来なかった。きつかったですね」。それでも、その姿勢や才能を監督に認められ、入学前にレギュラーとして有望視されていた。

 ○…高校入学時は身長188cm、体重75kgのやせ型。「食べることもトレーニング」と、ウェイト増量に打ち込んだ。川崎家の食事のルールは、立ち食いOK。夕食に約3合の米を食べるため、「ごはん途中でジャンプをしていました」と笑う。夜ごはんは3回。さらに寝る前のプロテインと3〜4枚の餅が日課だった。その甲斐あってか、3年後には190cm、98kgに。寮生活となった今も、就寝前の日課は欠かさない。

 ○…試合前はグラウンドに一礼し、「頼むぞ」の気持ちを込め、芝をたたく。怪我が続いた高2から始めたルーティンだ。遊びはいつでもできると、オフの日も自主練を重ねる。「みんなが休んでいる間に練習したら、強くなるんじゃね、と思って」。大学1部リーグへの昇格、プロに進み、五輪パリ大会へ――。描く未来に近づくため、ストイックに強さを求める。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

水野 直春さん

2月24日の座談会「旧杉田劇場の思ひ出」に登壇する

水野 直春さん

2月14日号

太田 信幸さん

平成30年度の神奈川県卓越技能者「神奈川の名工」に選ばれた

太田 信幸さん

1月31日号

関取 花さん

CM楽曲提供やTV出演など、幅広く活躍するシンガーソングライター

関取 花さん

1月24日号

前田 ルナさん

第17回全日本女子ボクシング選手権ジュニア・ライトウエルター級で優勝した

前田 ルナさん

1月17日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月10日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

博文でひも解く金沢

博文でひも解く金沢

県立金沢文庫で特別展

1月19日~3月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • レンコンの孔は何のため?

    金子さんの草花の不思議発見!第26回 レンコン(ハス)

    レンコンの孔は何のため?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月14日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク