金沢区・磯子区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

横浜市電保存館の館長を務める 武藤 隆夫さん 磯子区滝頭勤務 50歳

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

市電の歴史、後世につなぐ

 ○…横浜市電保存館の館長に就任して1年9カ月が過ぎた。入館料を変更して以来、減少し続けてきた来館者数はようやく今年、持ち直し傾向に。「学びながら遊んでもらえる場所」をコンセプトに、様々なアイデアで施設の充実を図ってきた結果が出はじめてきた。「アンケートの満足度も高く、手ごたえを感じている」とほっとした表情を見せる。

 ○…横浜市生まれの横浜育ち。「電車には全然興味のない子どもだった」と振り返る。当時抱いていた将来の夢は「平凡なサラリーマン」。「落ち着きがなかったので、バランスのとれた”普通の人”が一番良いと思っていたんです」。就職し東京の映像メディア制作会社で働くも、リーマンショックで受注が激減。「横浜市に携わる仕事がしたい」と思い続けていたこともあり、2009年から市の外郭団体である横浜市交通局協力会の職員になった。

 ○…駅員などを経て、14年から同館の再整備を担当した。「有識者を呼んで検討委員会を開き、コンセプト立ち上げから携わった」。ホールの整備やジオラマを減らして歴史展示スペースを設置。「ただのアミューズメント施設にしたくない」と、「学び」の要素を増やした。結果、小学校の社会科見学や教員の勉強会に使われることが多くなったという。

 ○…館長という立場に、「これまでの仕事経験は間違いなく役立っている。俯瞰で全体を見られるようになった」と話す。目指すは「磯子区のシンボリックな施設」。来年の教科書の表紙に、展示市電の写真が載ることも決まった。「これからも市電が走っていた懐かしい横浜を後世に伝える、魅力的で子どもから大人まで楽しみながら学べる施設であり続けたい」と力を込めた。

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

12月20日~31日まで毎日営業! 28日~31日は午前8時開店!!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

佐藤 清江さん

磯子区で「植物を学ぶさ・ん・ぽ」等の講座を持つ

佐藤 清江さん

磯子区磯子在住 75歳

12月5日号

鈴木 恭一さん

大道ふれあいむかし資料館で所有するクラシックカメラとその作品を展示する

鈴木 恭一さん

金沢区柳町在住 69歳

11月28日号

大隅 麻奈未さん

メゾ・ソプラノのソリストとして活躍する

大隅 麻奈未さん

金沢区富岡東在住 45歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク