金沢区・磯子区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

洋光台連合自治町内会の相談役を務める 松浦 照朝さん 磯子区洋光台在住 84歳

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

洋光台の文化伝え続ける

 ○…20、30、40周年と記念事業に携わり、50年の半世紀はまちづくりや人生の節目だと思っていた。コロナ禍により記念式典が来年に延期され「寂しい思いがある」と残念がるも「楽しみな時間が1年間増えた」とポジティブに捉える。今から来年の式典を楽しみに過ごす。

 ○…島根県出身。石川島播磨重工業(現IHI)への就職を機に上京。磯子区の工場建設に携わったことが磯子区や洋光台との最初の関わりだ。様々な大企業が磯子区に工場を建設していた開発当時は、「山を切り崩した土が日本一多かったと言われた」と振り返り、目を輝かせながら「希望と夢があった」と話す。社宅の管理人を任され、地域住民と関係を築き交流。結婚後に洋光台1丁目に居を構えた。設立から携わった洋光台1丁目町内会は32年間会長を務めた。

 ○…42歳から市会議員を6期・24年務め2000年には第45代副議長に就任。63歳で藍綬褒章、70歳で旭日小綬章を受章した。その間、現在相談役の洋光台連合自治町内会の副会長を約30年担った。活動は町内会にとどまらず、ライオンズクラブ会長や野庭高校PTA会長、地区社会福祉協議会の副会長なども歴任した。「地域の皆さまの支えがあってできたこと」と感謝を忘れない。

 ○…「恩返しの思いから少しでも力になれれば」と連合自治町内会の相談役は10年を超え、今でもまちづくりに参画する。3年前に入会した俳句の会をはじめ、音楽や花いっぱい活動など洋光台には文化が根付いていると実感する。「地域の皆さまのまちづくりに対する思いが積み重なり、街の発展が続いた50年だと思う」。これからも「住みやすい街・洋光台」を支え、伝え続けていく考えだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

横浜高校 3年

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

伊藤 明人さん

洋光台SUNSUN商店会の会長に就任した

伊藤 明人さん

磯子区洋光台在勤 36歳

12月17日号

松浦 照朝さん

洋光台連合自治町内会の相談役を務める

松浦 照朝さん

磯子区洋光台在住 84歳

11月26日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月19日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク