金沢区・磯子区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

県政報告 令和3年度当初予算が可決 神奈川県議会議員 あらい絹世

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

 委員長を務める予算委員会や常任委員会の審議を経て3月25日、神奈川県令和3年度当初予算が可決されました。一般、特別、企業の3つの会計を合わせた総額は前年度当初より1・2%増の4兆2452億円で、4年連続過去最大となります。このうち県民生活と関わりの大きい一般会計は前年度当初より7・6%増の2兆484億円。こちらも3年連続増。県は「コロナから生命と暮らしを守り抜く予算」との表現で「医療体制整備と経済回復に重点的に配分したことが特徴の予算」であると説明。

 一方で財源の確保は大変です。景気の落ち込みで県税収入は前年度当初より705億円減の1兆1425億円しか見込めず、財源不足の総額は705億円に。これに対処して財政調整基金の取崩し690億円や県主催イベントの中止など110億円の徹底した事業の見直しを行いました。借金に当たる県債の新規発行額は前年度より59・1%増の2918億円です。

 一般会計当初予算案では新型コロナウイルス感染症対策として1522億2331万円が組まれています。これは、陽性患者やその疑いのある患者向け病床2300床の確保、感染症専用病棟の運営(3施設268床)、ワクチン接種体制の整備などです。経済回復に向けた支援としては、県が民間金融機関と提携して行っている独自の低利融資制度の補助などに関わる予算枠を前年度の2600億円から3000億円に引き上げ、感染拡大防止対策やビジネスモデル転換事業に対する補助も継続する、などです。県の貯金とも言える財政調整基金を690憶円切り崩し、財政不足を補っています。その結果、2020年度末の財政調整基金は1040億円から350億円へと激減しています。また、県債現在高は増加しており、貯金は減って借金が増えているという大変厳しい状況です。今後も県民生活に直結する事業はしっかりと行っていくものの、未病やヘルスケアなど県独自の取組は見直す必要があります。

あらい絹世事務所

横浜市磯子区丸山 2-24-3

TEL:045-751-5250
FAX:045-751-7600

http://www.araikinuyo.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

令和3年度当初予算が可決

県政報告

令和3年度当初予算が可決

神奈川県議会議員 あらい絹世

4月8日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

令和3年度予算案関連質疑(後半)

生活・健康に即した支援を要望

議員記者が行く

生活・健康に即した支援を要望

神奈川県議会議員 松崎淳

3月25日号

令和3年度予算案関連質疑(前半)

金沢区から漁業の発展を

県政報告【7】

金沢区から漁業の発展を

金沢区 県議会議員 大村悠

3月18日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://kato-hiroto.net/ http://www.takenouchi-takeshi.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter