港南区・栄区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

節分に鬼を射る 鹿嶋神社で的射と豆まき

的を射る児童
的を射る児童

 鹿嶋神社の世話人会(福嶋浩之総代)は2月3日、鹿嶋神社で的射と豆まきを行った。今年は約900人が参加し、境内を賑わせた。

 的射は同神社で古くから続く恒例行事。街中を歩いて穢れを集めた的を弓で打ち抜き、これを燃やすことで厄除けとなる。

 当日はまず、上大岡駅前で松本寿雄宮司が神事を実施。的の担ぎ手は年男の役割で、今年は桜岡小学校教員の黒澤弘一さんが担当。境内に到着した的は近隣小学校の年男、年女の児童が世話人会らの指導を受けながら、一生懸命弓矢で打ち抜いていた。

 的が燃やされた後は境内で「鬼は外、福は内」の声と共に豆まきが行われ、同神社は参加者に2000袋の豆を配布。幼児から高齢者まで豆を受け取っていた。

◇  ◇  ◇

 2月7日に松本宮司が死去。的射と豆まきが最後の参加行事となった。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク