港南区・栄区版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(23) 「遺産分割と介護」

 Q、母親が亡くなり、父親はすでに他界しているので、弟と母親の遺産を分け合うことになりました。母は亡くなる前の3年間は寝たきりで、長男である私がその介護をしてきたのですが、遺産を分ける際に、このことを考慮してほしいです。母の遺言はありません。

 A、共同相続人の中に被相続人(亡くなった方)の財産の維持又は増加につき特別の寄与をした者があるときは、その寄与に相当する金額を、その者が受けるべき法定相続分に上乗せして取得させることが認められています。これを寄与分といい、共同相続人の間で公平を図るためのものです。

 寄与分として認められている例としては、被相続人の家業を長年助けてきたとか、被相続人に対して高額の財産を贈与したとか、被相続人の療養看護にあたってきた等が挙げられます。

 相談者の場合、食事介助や、入院中の衣類を洗濯していたという程度であれば、当然なすべきことなので、寄与分としては認められないでしょう。母親が老人ホーム等への入所が必要な状態であったのに相談者が自宅で介護していたのであれば、寄与分として認めてもらえる可能性があります。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。
 

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー22F

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

「巨大地震」に備える外から施工のウッドピタ

「3月が一番売りやすいってホント?」

不動産の常識?非常識?

「3月が一番売りやすいってホント?」

2月15日号

元気の出る法律相談(90)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(90)

2月15日号

脳梗塞後遺症を改善

健康保険適用訪問リハビリマッサージ

脳梗塞後遺症を改善

2月15日号

「すべては難聴に悩む人のため」

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

本紙記者も必要性を痛感

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

2月8日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク