港南区・栄区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

公明党 県立高校でインクルーシブ教育 県議会議員 高橋稔

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 障害者が積極的に社会に参加、貢献していく事ができる「共生社会」の実現に国を挙げて目指していますが、教育の場でも同じです。

 県は今年1月に発表した県立高校改革基本計画の中で、障害のある生徒とない生徒が共に学ぶ「インクルーシブ教育」を全国に先駆けて取り組む方針を掲げ、同教育の実践推進校を指定するとしています。

 私は9月開会の県議会定例会で公明党を代表し、実践推進校の考え方や規模、地域展開について教育長に質問を行いました。

17年度からスタート

 教育長は実践推進校について、障害のある生徒が高校で学びたいという意欲に応えられるように、入学者選抜方法の改善や教育課程の弾力化を検討すると共に、3年間を通した計画的なキャリア教育や企業・労働関係機関とも連携した支援体制を構築して、生徒が希望する進路の実現を図っていくと基本的な考えを説明。その上で2016年度から4年間でパイロット校として3校程度を実践推進校に指定するとし、16年度には入学者選抜を行い、17年度から障害のある生徒を一定数受け入れていく計画を明らかにしました。

27年度までに20校

 県はパイロット校での取り組みについて検証を行い、27年度までに、障害のある生徒が通学に負担を感じないように地域バランスを考慮しながら実践推進校を20校程度まで段階的に拡大するとのことです。

 共生社会の実現に向けて、このインクルーシブ教育は非常に重要なことです。しっかりと取り組んでもらうよう要望をしました。
 

高橋みのる 

TEL:045-210-7630

http://takahashisite.com/

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

市予算案、公明党の主張が実現へ

3期目議員による市政報告 101

市予算案、公明党の主張が実現へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

2月27日号

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

市会議員 たのい 一雄 市政報告

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

2月20日号

税とくらしの相談会

参加無料

税とくらしの相談会

2月2日 港南地区センター

1月23日号

日本の未来を切り拓く新しい国創り

新春寄稿

日本の未来を切り拓く新しい国創り

内閣官房長官 衆議院議員 すが義偉

1月1日号

県土の強靭化を目指して

自民党  県議会議員 桐生ひであき

県土の強靭化を目指して

安全・安心な人生100歳時代へ

1月1日号

待ったなし!災害対策を着実に

自民党 市会議員 せのま康浩

待ったなし!災害対策を着実に

被災者支援を国に要望

1月1日号

横浜にとって勝負の年

自民党 市会議員 たのい一雄

横浜にとって勝負の年

チャンス生かし更なる活性化へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク