港南区・栄区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

ラグビー人気、再燃目指し(上) 「まずは競技者の分母拡大」

スポーツ

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市を含む全国12の都市で開催が予定されている2019年のラグビーW杯。新国立競技場の建設計画の見直しで、日産スタジアムでの決勝戦開催も期待されている。しかし、ここに来て日本での開催が白紙になる可能性が浮上。新国立競技場が使用できないことにより、収入が数十億円減る見込みで、減収分を補償するなどの条件を満たさなければならないという。

 1980年代は、大学選手権の試合で国立競技場が満員になるほど人気だったラグビー。だが、近年は決勝戦でも観客数が1万人台に留まることもある。国内のチーム数もピーク時から35%減の3千超、神奈川県内ではさらに減少率が高く、今年半数を切った=表。

 国内初の試合が行われる等、長い歴史を持つ横浜市でも状況は同じ。「市内にある61チームの中には、人数不足で合同チームを組むしかないところもある」と話すのは市ラグビーフットボール協会の渡辺義信理事長。減少の要因に少子化、危険なイメージ、メディア露出の減少等を挙げる。また中学生世代の競技環境の整備状況にも課題がある。「ラグビー部がある市立中は3校のみ。中学でも本格的に続けたい子は私立に進学するか、スクールに通う道を選ぶほかない状態」

タグラグビー呼び水に

 一方で、タックルの代わりに腰に付けたタグを取る「タグラグビー」を行う小学生以下の競技者は増加。けがの可能性が下がることから、授業等でも取り入れられている。「競技者拡大・普及のためには、ラグビーを知り、体験する機会を作らなければならない。まずは導入としてタグラグビーを普及させ、競技者になりうる子どもたち、分母を増やすことから始めている」

 日本ラグビーフットボール協会は、戦略計画の中で19年までに競技人口をほぼ倍の20万人に増やす目標を掲げて、競技者育成にも力を注いでいる。

(つづく)

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

ミュージアム1月に開業

ミュージアム1月に開業

京急電鉄

12月5日号

食育で学ぶ食品ロス

食育で学ぶ食品ロス 教育

12月17日、港南区役所

12月5日号

永谷地区センで恒例イベント開催

永谷地区センで恒例イベント開催 文化

がやがやfesta

12月5日号

「すい臓を労わる食事を」

南部病院

「すい臓を労わる食事を」 社会

杉田劇場で講座

12月5日号

3年ぶりにイルカ誕生

八景島

3年ぶりにイルカ誕生 文化

貴重な授乳シーンも

11月28日号

県保健衛生表彰に5人

県保健衛生表彰に5人 社会

港南区・栄区在住者から

11月28日号

「ひとつのプレーを全力で」

「ひとつのプレーを全力で」 スポーツ

桐蔭高・森選手が入団会見

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク