港南区・栄区版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

市会議員 たのい 一雄 市政報告 アフリカに一番近い都市「横浜」文化交流から発展支援へ

アトランティッド国立小学校の子どもたちと
アトランティッド国立小学校の子どもたちと
 日本アフリカ友好横浜市会議員連盟の一員として、4月23日から26日にかけてコートジボワール共和国アビジャン自治区を訪問しました。 

 2019年に第7回アフリカ開発会議が横浜で開催されます。日本政府主導のもと、国連や世界銀行と共催し、アフリカ諸国の首脳級や各機関が一堂に会する国際会議です。

 08年と13年にも横浜で開催され、それを契機に「日本でアフリカに一番近い都市」として横浜とアフリカとの交流が深まっています。市立小中学校でアフリカの歴史や文化を学び、各国の関係者と交流を図る「一校一国運動」が実施されているほか、イベントの開催やビジネス展開の支援、インフラの技術協力など様々な面で交流が進んでいます。

懸け橋として成果

 今回の訪問では、現地の廃棄物処理場や水道施設などのインフラを視察し、衣料品の製造企業では起業や女性の社会進出という視点から意見交換を行いました。また現地の知事や大臣とも面会し、両都市の交流の進展を確認しました。

 大きな成果として、港南区と現地の子どもたちの文化交流の懸け橋になることができました。

 「一校一国運動」では私の母校である桜岡小学校が同自治区と交流を図ってきました。昨年9月に知事らが訪れ、桜岡小の子どもたちにコートジボワールの文化を紹介してくれました。

 今回、同自治区のアトランティッド国立小学校を訪問し、私は卒業生代表として桜岡小の子どもたちが作ったこいのぼりをプレゼントしました。同国立小の子どもたちは大変喜んでくれました。

 アフリカの発展支援は今や横浜の責務ともいえます。そのためには都市間の経済的な交流はもちろん、市民による文化交流は欠かせません。来年のアフリカ開発会議を成功させるためにも、様々な角度から横浜市とアフリカが交流を深める取り組みを進めていきます。

田野井 一雄

上大岡西1-10-5 SKビル402

TEL:045-841-3221
FAX:045-843-5024

http://seijinomura.townnews.co.jp/profile.html?aid=307

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6件

10/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク