港南区・栄区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

自民党 市会議員 せのま康浩 災害に強いまちづくり前進へ 今月からがけ地の現地調査開始

 地震や豪雨、台風など、昨年は自然災害が数多くあり、改めて災害対策の重要性を痛感しました。港南区の一部でも台風12号の接近に伴い、「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されました。

 港南区では今月から、土砂災害防止法に基づき、「土砂災害“特別”警戒区域」(通称=レッドゾーン)の指定に向けて、がけ地の現地調査が始まります。指定区域では開発が許可制となり、建物の構造規制などの制約があります。

 自然災害への対策は自治体の大きな役割です。傾斜地の多い港南区はとりわけ、土砂災害への備えが必要です。これからも議会でしっかりと議論を進め、災害に強いまちづくりを進めます。

瀬之間康浩

横浜市港南区上永谷5-6-10

TEL:045-847-5227
FAX:045-847-5247

http://seijinomura.townnews.co.jp/profile.html?aid=303

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6件

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク