港南区・栄区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

3期目議員による市政報告 98 市民の命と生活守る施策、着実に 公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 自然災害への対策は喫緊の課題です。10月の決算特別委員会で災害対策に関する市の取組について質問・指摘しました。

 先の台風では全国各地で住宅が被害を受け、被災者に対する住宅支援策の重要性が浮き彫りになりました。横浜市では台風15号による屋根の損壊や9月3日の豪雨による浸水などで900件の被害があり、支援策の迅速な活用を訴えました。

一部損壊も対象へ

 この質問に対し、建築局住宅部長は「市営住宅の一時使用できる制度がある。野庭住宅と南台ハイツ(瀬谷区)で合計20戸を用意し、原則3カ月、最大6カ月以内の住宅使用料を免除する」と説明しました。また国の「被災者生活再建支援法」では支援金の支給対象は全壊、大規模半壊、半壊して解体の場合ですが、建築局長から「一部損壊について、国が千葉県を対象に行う支援制度と同様のものが横浜市でも適用されるよう、県と協調して国へ働きかけている」との答弁を得ました。

民活で無電柱化推進

 千葉県では大規模な停電が発生しました。強風によって電柱が倒れたことや倒木による断線が大きな原因とされ、災害に強い都市づくりにおいて

無電柱化事業がいかに重要かが明らかになりました。横浜市は全国の政令市に先駆けて2018年12月に推進計画を策定しました。市に対し、進捗状況を確認し、さらなる推進を求めました。

 これに対し「計画を上回るペース」と進捗状況を説明した上で、港南区内の横浜鎌倉線の進捗について建設部長は「(整備が残る)環状3号線〜環状4号線の1・6キロは速やかに着手する」と説明しました。無電柱化には多額な事業費や長期の工事期間を要しますが、平原敏英副市長は「PFIの導入など、民間の技術やノウハウを活用し、精力的に事業を進めていきたい」との考えを示しました。

 市民の皆さんの命と生活を守るのが議員の役割です。これからもしっかりと議会で災害対策を取り上げていきます。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

市会議員 たのい 一雄 市政報告

「人生100年時代」実践者として誰もが活躍する地域社会を

2月20日号

税とくらしの相談会

参加無料

税とくらしの相談会

2月2日 港南地区センター

1月23日号

日本の未来を切り拓く新しい国創り

新春寄稿

日本の未来を切り拓く新しい国創り

内閣官房長官 衆議院議員 すが義偉

1月1日号

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

3期目議員による市政報告 100

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

1月1日号

県土の強靭化を目指して

自民党  県議会議員 桐生ひであき

県土の強靭化を目指して

安全・安心な人生100歳時代へ

1月1日号

待ったなし!災害対策を着実に

自民党 市会議員 せのま康浩

待ったなし!災害対策を着実に

被災者支援を国に要望

1月1日号

横浜にとって勝負の年

自民党 市会議員 たのい一雄

横浜にとって勝負の年

チャンス生かし更なる活性化へ

1月1日号

葬儀相談・見学会開催

意外と知らない葬儀のあれこれ、まずは相談してみよう‼

https://www.keikyu-memorial.com/hall/kaminagaya/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク