港南区・栄区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

エスペランサSC 栄区から「Jリーグめざす」 初の関東リーグ1部へ

スポーツ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
社会人サッカー関東一部リーグに今年初挑戦するエスペランサSCのトップチーム(チーム提供)
社会人サッカー関東一部リーグに今年初挑戦するエスペランサSCのトップチーム(チーム提供)

 栄区野七里に本拠地を置く社会人サッカーチーム「エスペランサSC」が今年、社会人サッカー関東リーグ1部に初めて臨む。目標は同リーグ制覇、そしてその先にあるアマチュア最高峰のJFL昇格だ。さらにはJリーグ参入も視野に入れて、目の前の試合にハートを込める。

  ◇     ◇

 社会人サッカー関東リーグ2部も昨年、コロナ禍で7月からの後期9戦のみで順位を決するという異例のシーズンだった。さらにエスペランサは前年とレギュラーが半数以上変わり、メンバーチェンジによる戦力ダウンも危ぶまれていた。

 だが、新加入の選手らも含めてチームは前年以上に一体として戦い、エスペランサは5勝1敗3分でリーグ2位となってチーム初の関東1部昇格を果たした。FWホドリゴ・カベッサ選手(ブラジル)はリーグで8ゴールを決めてリーグ得点王となり、DF米倉貫太選手は4アシストでアシスト1位となるなど新加入の選手たちがリーグでも存在感を示した。

「ファミリー」で昇格

 元アルゼンチン代表選手でもあるオルテガ・ホルヘ・アルベルト監督は「結果として誰かがアシストし、ゴールを決めて勝利をつかんだ。だが、誰かひとりの活躍ではなくチームがファミリーとなって力を合わせられたことが結果となったシーズンだった」と評する。

 選手兼コーチのオルテガ・ホルヘ・グスタボさんは「コロナ禍でも子どもたちのオンラインレッスンを続け、身体を動かせていたのは大きかった」と話す。エスペランサは子どもたちのためのサッカーチームとして2003年に創設され、その後に各世代や女子、社会人チームを創設してきた。トップチームの選手も下部組織のコーチを兼任しており、「子どもからトップチームまで全員がファミリー」とオルテガ監督は語る。

 昇格についてグスタボさんは「ようやく、というのが正直な気持ち」と明かす。トップチームは11年に発足後、神奈川県3部リーグからひとつずつ勝ち上がって、16年から昨季までの5年間を関東2部で戦い続けてきた。19年にも昇格をほぼ手中にしていたが、最終節残り30秒で決められた同点ゴールでおあずけとなった。「あれがあったから、みんなが同じ目標をもってリーグに臨むことができた」とグスタボさんは振り返る。

 オルテガ監督は「レベルは上がるが、所属リーグで優勝するという目標は変わらない。その先にJFL、Jリーグがある。今まで以上に応援してもらえるチームになっていきたい」と語った。
 

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter