神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2021年9月23日 エリアトップへ

災害用トイレ設置に助成 自治会・マンション対象に

社会

公開:2021年9月23日

  • LINE
  • hatena
テントタイプのマンホールトイレ(横浜市提供)
テントタイプのマンホールトイレ(横浜市提供)

マンホールを活用

 発災時における快適なトイレ環境の確保に取り組む横浜市は今年度、自治会・町内会やマンション管理組合などが災害用マンホールトイレ(※)を購入する際の設置助成制度を創設。8月から申請受付が開始された。

 横浜市は地域からの要望を受け今年度から、マンホールトイレの設置に対する助成を始めた。対象となるのは、自主的な防災活動を積極的に行う、自治会・町内会やマンション管理組合など。助成金額は設置費用の10分の9以内(上限30万円)。汚水ますの上に設置する便器のほか、設置に必要な排水管の整備なども含まれる。事業予算は約600万円。

 大規模災害時、避難所などですぐに必要になるのがトイレ環境の整備。東日本大震災では、通常の仮設トイレが避難所に行き渡るまでに66%の自治体で4日以上を要している。市は自助・共助の観点からも、避難所だけでなく、地域でのマンホールトイレの備えを後押ししたい考えだ。市環境創造局担当者は「申請開始前から問い合わせがとても多い。今年度の状況を踏まえ、次年度はより大きく事業を展開したい」と制度への関心の高さを話す。

 一方、マンホールトイレを約5年前に自前で導入した、市内のマンション管理組合理事は「導入時に一度しか組み立ての練習をしていないのが心配」と課題を口にする。市担当者は「いざという時のため、防災訓練などに合わせ1年に1回は組み立ての訓練をしてほしい」と呼び掛ける。

防災拠点への整備進める

 市は地域防災拠点など市内483カ所に2009年度から、災害用ハマッコトイレの整備も進めている。

 ハマッコトイレは下水管につながる立管を5カ所並べて整備し、その上に5基のトイレを設置するもの。市内332カ所で既に整備が完了しており、今年度は52カ所の整備を予定。23年度までに全拠点に整備する計画となっている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook