中区・西区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

「柳原良平アートミュージアム」を開設した横浜みなと博物館館長を務める 志澤 政勝さん 西区在勤 65歳

柳原作品の展示に自信

 〇…アンクルトリスのデザインなどで知られる故・柳原良平さんの「アートミュージアム」が日本丸前の横浜みなと博物館にオープン。そこの館長として「常設施設の開設は非常にうれしい」と念願達成に喜びを口にした。同博物館の誕生にあたり、尽力した柳原さんとは40年近い付き合いだ。「先生は当館にとっての恩人です」と話す。

 〇…「先生の作品は温かく、明るく、幸福感にあふれている」とその魅力を語る。遺族から寄贈された数々の作品の中からイラストレーションや漫画に絵本、油絵など「手がけた作品の全体像がギュッとつまっています」と、展示構成に自信をのぞかせた。

 〇…小田原生まれの小田原育ち。都内へは大学で足を運んでいたが、横浜にはほとんど来たことがなかったという。大学生のころ「博物館で働く仕事」である学芸員に魅力を感じ、その道を目指すことに。そして実習場所として身を置いたのが横浜だった。正職員への道は険しく2年の浪人を経て狭き門を突破し、実習で世話になった横浜海洋科学博物館に配属された。その後、現博物館の前身である横浜マリンタイムミュージアムを経てみなと博物館へ。来年30年を迎える同館には開館当初から携わっている。

 〇…息抜きは映画観賞。その趣味から派生して映画をはじめ歌や小説で描かれた横浜港にスポットを当てた展覧会なども企画している。館長として心がけていることは「よいイメージの発信」。博物館の価値を上げ集客をはかっていくことが使命だからだ。柳原作品の常設施設ができたことで、さらに弾みをつけたいとする。また柳原さんとの出会いは、自身にとっても仕事の原点。「港と船と横浜のまちを愛した先生の作品をぜひ見てほしい」と想いが入る。

中区・西区版の人物風土記最新6件

エディ藩さん

7月15日、横浜港大さん橋で行われる「ロックフェス」に出演する

エディ藩さん

7月12日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月28日号

細貝 貞夫さん

5月に日本人初のYC&ACの理事長に就任した

細貝 貞夫さん

6月21日号

賀谷 恭子さん

中区で読み聞かせなどの活動を長年続けている

賀谷 恭子さん

6月14日号

三浦 はつみさん

横浜みなとみらいホールで開館以来の「ホールオルガニスト」を務める

三浦 はつみさん

6月7日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

セルテのレシート捨てないで!

JR関内駅前「セルテ」の3000円分レシートで、野球観戦券等あたる抽選会

http://www.certe.gr.jp/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク