中区・西区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した 矢原 由布子さん 港南区在住 38歳

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena

優しさと温かさ、絵に込める

 ○…小児がんを克服した西区の小学生男児が原案を考え、12日に出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当。約30枚をボランティアで手掛けた。「温かい気持ちや優しさが伝わるように」と柔らかい表情で思いを語る。SNSで知り合った金沢区の友人が文を、男児と同じ作文教室に通う小学生が本に登場する遊園地を発案した。「一人の男の子の気持ちに友人や大人たちが動かされた。病気の有無は関係なく、みんなが助け合っていることを感じてほしい」

 ○…京都出身。幼い頃から絵が好きで「引きこもって描いていたと母から聞いた」と笑う。小学生で画家のアトリエに通って学び、美術高等学校へ進学。しかし、その道のプロを目指す周囲のレベルの高さに挫折感も味わい、一度は描くことから離れた。

 ○…転機はイラストレーターの友人と26歳で行った欧州。芸術的な雰囲気と街並みに「描きたい」という気持ちが再燃。帰国後、フリーの絵本作家・イラストレーターとして活動を始めた。神奈川に移り住んだ後もアルバイトで生計を立てながら地道に描き続け、2010年に初めて本を出版。12年には「ドリとオニクのおはなし」で文芸社えほん大賞絵本部門で大賞に輝いた。「描いている時は無心。人に褒めてもらえると『やって良かった』と思える」。作家としての喜びを語る。

 ○…夫と3歳の娘と暮らす。娘と大岡川沿いに咲く花を見ながら歩くのが好きで「花や自然を見ていると『これを描きたいな』と思う」とにっこり。次作へのイメージを膨らませている。本作で再認識したのが本を制作する楽しさ。「ぱらぱらとページをめくるその感覚が好き。本という”形”に残したい」。優しく温かい絵を描き続ける。

中区・西区版の人物風土記最新6

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

阿久津 裕司さん

創建150年を迎えた伊勢山皇大神宮の宮司を務める

阿久津 裕司さん

西区宮崎町在住 54歳

5月13日号

上原 収二さん

6月から半年間にわたり連続回顧展を開催する

上原 収二さん

中区本牧町在住 69歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter