中区・西区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

中区・西区をはじめ、市内で健康講座を多数開催する 谷上 鎮隆(やすたか)さん 中区石川町在住 81歳

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena

歌で心身健康に 講座30年

 ○…麦田や本牧原の地域ケアプラザや老人福祉センター野毛山荘などで、心と体を健康にするための講座を行う。そこで伝えたいのは、音楽の素晴らしさや気持ちを吐き出すことの大切さについてだ。

 ○…健康講座を始めて30年。心の病を患ったこともあり、「せっかく病気したなら伝えなくては」と経験を広めている。初めは中学2年生。当時流行していたハンセン病を自らも患ったと思い、恐怖で感情表現が上手くできなくなったという。その状態が10年ほど続いたが、意を決して診察を受けたところ勘違いだったことが判明。安心したのもつかの間、それまでの精神的負担が身体に異常として現れ、2年8カ月入院することに。当時新たな治療法であったカウンセリングを受けることで快方に向かい、心のつかえを吐露することの重要性を痛感。話すことのほか、「音楽でも心と体を開放できる」と、歌を用いた健康法も説いている。

 ○…磯子区生まれ。生後間もなく太平洋戦争が始まり、石川県に疎開。戦後に石川町へ移り、70年以上になる。高校卒業後は明治製菓(株)に就職。一時は心を病み休職するが、復帰後は「明るくなって、知識欲が止まらなかった」と定年まで「イソジンうがい薬」など薬品約40品目の研究開発に携わった。

 ○…職場で出会い長年連れ添った妻の佳子さんが、昨年天国に。今は2人の娘とひとつ屋根の下で暮らしている。「喪失感はない」というが、遺影とともに講演を行い、持ち歩く手帳には思い出の写真が詰まっている。辛い時に支えてくれた佳子さんへの恩返しも含めて健康講座は続け、活動の場を広げていきたいという。亡き妻への思いを胸に、今後も心と体の健康に寄り添っていく。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://www.fukushima-naoko.info/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6

村野 美和子さん

「街の先生」として中区の障害者施設とローズキャンドルを制作した

村野 美和子さん

中区本郷町在住 50歳

6月24日号

宿本 諒太さん

中区本牧が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月17日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月18日18:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

  • 4月22日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter