神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

新春寄稿 国民目線で未来をつくる責任 衆議院議員 菅 義偉

公開:2024年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 新年を迎えました。

 昨年、新型コロナ対策も一つの節目を迎え、かつての日常と賑わいが戻ってきています。

 これからは、物価高や緊迫する国際情勢などの課題を乗り越え、グリーン、デジタル、少子化対策、地方創生を柱にし、次なる成長をつくっていかなければなりません。

国民の信頼を取り戻す

 自民党の派閥の政治資金の問題が起きたことは非常に残念であり、心からお詫び申し上げます。失った国民の信頼を取り戻すために、党全体の問題として捉え、一丸となって取り組む決意です。今年も国民目線で結果を出し、未来への責任を果たしてまいります。

不妊治療保険適用

▽総理の時、保険適用を実現し、2022年4月開始▽それまでの約1年は前倒しで支援を拡充、結果、21年度の不妊治療等の出生者数は前年比9416人増▽全体の出生者が減少する中、11人に1人が不妊治療等によって誕生▽出産費用の保険適用も26年に実現予定

携帯料金の大幅値下げ

▽総理の時、競争が働く仕組みを作った結果、各社が新料金プランを設定▽21年から23年10月までに約6100万台が新料金プランに契約変更▽21年からの3年間で、約1兆3千億円程度は負担が軽減される見込み

2050年脱炭素社会を実現

▽異常気象が頻発する現状から地球温暖化に向き合うべきと判断、総理大臣として「2050年脱炭素社会の実現」を宣言▽温暖化対策は経済活動の制約ではなく、新たな投資や技術革新を生み出すものと発想を転換▽政府の本気度を示すべく、2兆円の基金を創設。洋上風力や水素などを支援▽さらに、20兆円のGX国債を呼び水とし、10年で150兆円の気候変動投資を促す

ふるさと納税

▽ふるさと納税を総務大臣の時に創設。官房長官の時に、限度額を倍にし、ワンストップで手続きができるように法整備▽結果として、利用は毎年約1千億円ずつ増え、22年は9654億円となり、1兆円目前▽16年から企業版ふるさと納税を追加。21年度225億円

衆議院議員 菅義偉

横浜市南区宿町2-49

TEL:045-743-5550

http://www.sugayoshihide.gr.jp/

中区・西区・南区版の意見広告・議会報告最新6

カスハラ防止に向けて

いのち・くらし・雇用を守る 県政報告

カスハラ防止に向けて

県議会議員 きしべ 都

6月27日

その打破以外に日本の未来はない!

外務省で見た自民党の利権政治

その打破以外に日本の未来はない!

れいわ新選組 神奈川県第2区総支部長 三好りょう

6月27日

安心できる妊娠出産環境を

妊婦・産婦の健康診査に追加助成 ニッタオンライン市政報告75

安心できる妊娠出産環境を

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

6月20日

夢や希望を持てる社会に

子ども・若者への支援拡充 県政報告

夢や希望を持てる社会に

県議会議員 きしべ 都

5月30日

冷凍の食品も子ども食堂へ

安定的な食品・食材確保に向けて 県政報告

冷凍の食品も子ども食堂へ

県議会議員 きしべ 都

4月25日

生まれ変わる野毛山動物園

市政報告

生まれ変わる野毛山動物園

自民党市会議員 松本 研

3月28日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 私のまちの連合会長

    地区連合町内会インタビューvol.7

    私のまちの連合会長

    第1地区中部連合町内会会長 花井一行さん

    7月4日

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook