神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2014年1月24日 エリアトップへ

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿 コミュニティバス導入に向けた研究、リサーチを 川崎市議会議員 石田やすひろ

公開:2014年1月24日

  • LINE
  • hatena

 交通不便地域にあっては、移動手段の確保策が求められています。川崎市では「地域交通の手引き」に基づき、持続可能なバス路線の実現に向けて取組んできました。特に宮前区では、山坂の多い地形的特徴もあり、DRT(ディマンド・レスポンシブ・トランスポート)などの、機能的な交通手段の導入を図るべきです。交通不便地域の解消と移動の促進を目指したコミュニティ交通の取組みは、これまで市内における10の地域で行われてきました。

  市全体で一定の成果が出たのは3箇所で、実験等を実施した地区で3箇所、検討の過程にあるのが4箇所となっています。宮前区内では、有馬・東有馬地区と白幡台地区で共に協議会が設置され、鷺沼地区においても平成21年度に勉強会を設立しています。今後、市内の未実施の7箇所を対象に、計画的に導入を図っていかなくてはなりません。

  『バスでまちづくり』の著者中村文彦氏は著書の中で「コミュニティバスの成否を、黒字か赤字かで議論する向きがあるが、市の政策である限りにおいては、政策目標を達成できたかどうかで判断するべきである」と言っています。その通りで、採算以外に福祉政策の視点を加味すべきなのです。高齢者の外出支援として捉えた場合、福祉面の効果は絶大です。

  川崎市では、コミュニティ交通の考え方にある本格運行の条件として、受益者負担を原則としています。運行経費の補助は行わない姿勢を示しています。採算の取れる見込みのない交通不便地域での導入を、採算だけで導入の是非を議論するのは間違いです。DRTの導入に向けた研究と、地域のリサーチを提案します。
 

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook