宮前区版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿 官民連携の認知症対策を〜川崎記念病院5月開院へ 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 認知症の患者数は、増加傾向にあります。川崎市内の認知症高齢者の推移の見込みでは、認知症高齢者の日常生活自立度IIで、平成27年の2万9千人から平成37年には4万300人に増加するとしています。このようなことからも、市としての認知症高齢者施策の拡充が、求められています。

 川崎市では、「かわさきいきいき長寿プラン」に基づき、介護が必要となっても住み慣れた地域で暮らし続けられる支え合いのまちづくりに取組んできました。認知症対策としては「認知症疾患医療センター」を設置し、確定診断や地域連携、救急時の対応を図っています。また、平成22年に「川崎市認知症コールセンター」を設置し、初期相談や家族へのカウンセリングによる支援を行ってきました。

 一方、平成26年5月、緑豊かな宮前区潮見台の地に、市内で初となる認知症に特化した専門病院「かわさき記念病院」が開設されます。この病院は精神科と神経内科を備え、300床が用意されています。病室の構成は、従来の個室型とは違い、ユニット形式に細分されており、短期間での症状改善や進行予防に効果を発揮するとしています。民間病院ならではの特徴がここに現れています。病院の開設後は、疾患の早期発見は元より、認知症疾患患者が身体合併症や重篤な精神症状により在宅や施設での生活が困難となった際の受け入れが可能となります。適切な入院治療を受けられる身近な病院として期待できます。川崎市としては、民設病院と認知症疾患医療センターとの連携を取るべきです。官民一体の取組みが、増加する患者さんに的確に対応し、介護する家族の支援に効果を発揮するのです。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ロケーション利用とアリーノ予約!

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

つながれ、ミライのまちへ!

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿

つながれ、ミライのまちへ!

〜宮前区制40周年〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook