宮前区版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿 市北部のコミュニティ交通、電気バスの可能性探る 〜東京都羽村市の事例検証〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 日本初の電気バスによるコミュニティバス実用運行となった東京都羽村市の「はむらん」を視察してきました。川崎市でも秋ごろに川崎駅前から市立川崎病院までの1周2・4Kmで導入を予定。また、市北部ではコミュニティバスの導入を目指した取組みが行われています。そこで、山坂の多い地域でも電気バスの普及は可能なのでしょうか。EVバスの性能を探ります。

 EVバス「はむらん」は、日野自動車製の小型バスを使用。1回の走行距離は14・4Kmで、所要時間は66分。コースを1周する毎に1回の運転手の休息を兼ねた充電を行っていました。運転手の方によると、電池使用量は95%のスタートから1周約40%。余裕を持って走行していました。

 費用面については、車両購入や充電施設は国や都の補助で市の支出はゼロ。2013年度の運営に関しては収入約129万円に対して支出は約1048万円。不足分の約919万円は市が補てんしていました。採算性を重視する川崎市の考え方とは対象的です。

 結論です。川崎市の北部では山坂が多く、EVバスは不適との声もあります。羽村市の平地を走行するのとは事情が違います。しかし、「はむらん」のように、満電から半分の範囲で走行を実現していることから、坂道の走行も一定の範囲であれば可能であると言えます。問題は、維持・管理費の部分をどのように扱うかということです。車もバスもイノベーションが進んでいます。川崎市は「環境都市・かわさき」にふさわしい、官民の共同による公共交通のグリーン化を促進すべきです。
 

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!今、鷺沼で起きていること!

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

防犯力の向上を求め!

宮前ガバナンス10月号  連載寄稿

防犯力の向上を求め!

〜決算審査特別委員会で質問〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

10月15日号

子どもの医療費助成を中学卒業まで

市政報告

子どもの医療費助成を中学卒業まで

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

10月1日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!コロナ対策に柔軟な変化を!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook