宮前区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿 人口増に備えた教育環境づくりを 〜学校施設の適正規模・配置に向けて〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 宮前区は、豊かな自然と良好な住環境を背景に近年、人口増加の傾向にあり、待機児童問題など子育て関連の施設の充足はまったなしの課題となっています。

 今回取り上げるのはその1つ。小中学校の過大規模についてです。

 過大規模と定義されるのは普通学級で31学級以上ある学校です。これは児童生徒の集団生活や指導体制に影響を及ぼし学校間格差を生む可能性があると指摘されています。

 この過大規模校が平成26年度時点で区内に2校あります。1つは、宮前平中学校です。宮前平中学校では現在、保有教室32に対してすでに32学級あり、空き教室がない状況です。また3丁目に440戸のマンション開発が控えています。

 もう1つは宮崎小学校です。土橋小学校開校に伴う通学区域の一部分離や、学区の見直しなども行いましたが、保有教室37に対して、32学級あり、今後も過大規模状況が続く見込みです。

 なお、平成26年度時点では過大規模となっていませんが、犬蔵地区も青葉区と隣接する2丁目エリアのマンション開発の影響で数年の内に過大規模となる見込みです。犬蔵小学校では15教室を増やし39としました。児童生徒数の推計によると、平成31年には36教室が埋まる見込みです。

 今、教室が不足することはありません。しかし、人口動態を的確に捉えながら、小中学校の適正規模、適正配置によって、豊かな人間性を育てる良好な教育環境づくりは必要です。

 これからも中長期的な視野で校舎の改築時や大規模改修時を捉え、今後も適正化を求めてまいります。
 

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

子どもの医療費助成の拡充を早期に

市政報告

子どもの医療費助成の拡充を早期に

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

4月30日号

聖火ランナーを応援しよう!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

聖火ランナーを応援しよう!

〜スポーツのまちかわさき〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月16日号

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter