宮前区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

意見広告 健康寿命を延ばすことは最大の問題解決 宮前区在住 こながい哲也

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

平均寿命と健康寿命の差が費用を左右

 人生の幸福に大切なのは、日常生活に制限のない期間である「健康寿命」です。「平均寿命」と「健康寿命」との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。この期間は、2010年で男性9・13年、女性12・68年です(表参照)。今後平均寿命が延び、健康寿命との差が拡がれば、医療費や介護給付費の多くを消費する期間の増大に繋がります。

年金等の受給カットせず、お金のかからない高齢者を増やす

 そうした問題を解消する対策は、年金等高齢者への受給をカットするのではなく、お金のかからない高齢者を増やすということです。平均寿命と健康寿命との差を短縮することができれば、個人の生活の質の低下を防ぐとともに、社会保障負担の軽減も期待できるのです。

大胆に子どもたちにお金をかける

 健康な高齢者が増え、かかっていた費用が減れば、新たな財源が確保でき、それを子どもたちの医療費助成に回せます。横浜や川崎市は未だに小学1〜2年までしか無償化が進んでいません。それを県内すべて中学卒業まで引き上げることも可能になるのです。

残業代ゼロ制度は健康見地からも反対

 昨年閣議決定された「残業代ゼロ制度」。幅広い労働者が残業代を支払われずに長時間労働を強いられるのではという懸念があり、健康寿命を延ばす見地からも私は断固反対します。

こながい哲也

神奈川県川崎市宮前区鷺沼4-1-26-101

TEL:044-888-4999

http://www.57guys.org

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

聖火ランナーを応援しよう!

宮前ガバナンス4月号  連載寄稿

聖火ランナーを応援しよう!

〜スポーツのまちかわさき〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月16日号

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県政報告

コロナ禍の県政「連携」がキーワード

県議会議員(自民党)持田文男

4月2日号

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

議会質問が前進 市政報告

町内会・自治会支援『補助制度』創設へ

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月26日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

震災伝承 命最優先を

東日本大震災の発生から10年 市政報告

震災伝承 命最優先を

公明党川崎市議会議員団 山田はるひこ

3月26日号

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

市政報告Vol.34

特定生産緑地の指定推進事業行政手続きのオンライン化

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter