宮前区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス8月号 連載寄稿 認知症対策は早期発見・早期相談から始めよう! 〜かわさき記念病院を視察〜 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 かわさき記念病院(認知症疾患専門病院)を視察しました。潮見台にある川崎市初の認知症専門病院です。認知症の患者はもとより、ご家族の相談ケアも行なっています。

 認知症は進行を防止する上で、早期発見、早期治療が重要な病気です。適切な治療を施す事で、症状の進行を防ぐことも可能です。本市の認知症高齢者数は、平成27(2015)年に4万2115人と市の高齢者の7人に1人が認知症であると推計しています。今後も高齢化とともに増加を続け、令和12(2030)年には8万5588人と2倍以上になると想定しています。

 300床あるかわさき記念病院は、各病棟を少数病床のユニット形式に分けた小規模ケアを特徴としています。認知症相談体制も充実しており、本人が受診したがらないケースでも、ご家族のみで相談に応じてくれます(有料)。

 一方、川崎市では認知症に関する相談を、区役所・地区健康福祉ステーションで行なっています。地域包括支援センターや本市より委託を受けた認知症疾患医療センター(聖マリアンナ医科大学病院認知症治療研究センターと日本医科大学武蔵小杉病院街ぐるみ認知症相談センター)でも、無料で受付けています。認知症コールセンターでは、認知症高齢者等を介護するご家族の悩みの無料相談を受付けています。

 病院の視察を終えて感じたのは、病院と地域との関わりを深めていく事の重要性です。病院ができて5年余が経過をしていますが、未だにその認知度は低く、その特徴も知られていません。地域にある認知症専門病院の役割と機能を正しく理解する事が大切です。病院と地域、関係機関の連携が、今後、医療の充実を図る上で必要だと考えます。認知症を患った方々が、住み慣れた地域で、安心してサービスを受ける事ができる社会を目指して、引き続き取組んで参ります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

サギヌマスイミングクラブ

心と身体の健康を創造「健體康心」

http://www.saginuma.co.jp/

さくら会堂

0120-63-1131

Y’sBOX

044-567-4241

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

宮前村の台所せいや

新鮮な魚介と日本酒!ウマいおつまみがいっぱい

http://www.miyamae-seiya.com/

宮前区文化協会

学び発表コミュニケーションの場

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ご存じですか、住民の権利!

イノベーションは川崎から!

宮前ガバナンス11月号  連載寄稿

イノベーションは川崎から!

〜川崎を起点に成長戦略を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

11月19日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!今、鷺沼で起きていること!

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

防犯力の向上を求め!

宮前ガバナンス10月号  連載寄稿

防犯力の向上を求め!

〜決算審査特別委員会で質問〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook