宮前区版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス12月号 連載寄稿 自転車で快適ライフを! 〜「川崎市自転車活用推進計画」(案)〜川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 自転車の積極的な活用は、環境負荷の低減のみならず、スポーツとして捉えれば、健康増進にも貢献します。国においては、平成29年5月1日「自転車活用推進法」が施行されました。本市も「川崎市自転車活用推進計画」(案)を策定中で、パブリックコメントを実施しています。

 本市計画(案)における自転車施策では、4つの取組みを基本政策としています。1つ目の「自転車通行環境整備」では、「自転車・歩行者・自動車が道路を安全、安心、快適に利用できる自転車通行環境の創出」を目標としています。第2期計画期間(令和4年から令和7年)では、宮前区の宮前平・鷺沼駅周辺を中心とした半径1キロメートルを区域として、宮前区役所の前面を通る梶ヶ谷菅生線や、鷺沼駅を通る久末鷺沼線などの24路線、全長11・8キロメートルを整備する予定となっています。

 2つ目の柱となる「駐輪対策」では、宮前区は、人口増や電動アシスト自転車の普及に伴い駐輪需要が高まっており、駐輪場の適正な配置や確保が求められています。例えば、宮崎台駅周辺では、歩道上に暫定的な駐輪場を設置していますが、来年度、新たな駐輪場を開設する予定です。

 3つ目の「自転車の活用」では、自転車に親しむ機会の創出として「シェアサイクル事業の促進」とあります。現在、市内において2ヶ年で「シェアサイクル」の実証実験を実施しています。登戸・向ヶ丘遊園周辺エリアで、コンビニや公共施設等に点在している22箇所のサイクルポートと横浜市や都内のポートにも行ける150台の電動アシスト自転車で実験を進めています。

 宮前区では山坂が多く、自転車は向かないとの声も聞きます。しかし、シェアサイクルは電動アシスト付き自転車で、気にせず利用できます。区民の皆様が移動手段に自転車を選択しやすいよう、まちづくりが進められています。私も積極的に自転車環境の整備を推進してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ロケーション利用とアリーノ予約!

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

つながれ、ミライのまちへ!

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿

つながれ、ミライのまちへ!

〜宮前区制40周年〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook