神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2020年4月17日 エリアトップへ

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿 「GIGAスクール構想」で未来に翔け! 〜情報化社会を乗り越える力を〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2020年4月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

 ICTとは、情報通信テクノロジーの略です。通信技術を活用してコミュニケーションを図る事を意味します。令和の新時代を担う子ども達は特に、これらを扱う能力が必須となります。

 内閣府は狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く社会として、我が国が目指すべき未来社会の姿として「Society5・0」を提唱し、教育機関に取り入れるよう求めています。サイバー空間にあるビッグデータやAIを介して新たな価値を得ながら、フィジカル空間において経済発展や社会の課題を解決していく能力の向上を目指します。特に、子ども達は、ネット上に溢れる情報を正しく理解して、ICTを活用する能力が重要となります。

 そこで本市では、「GIGAスクール構想」の実現を目指して、令和元年度補正予算で47億円を計上しています。2020年度中に、全ての市立小中学校、高等学校、特別支援学校にWi―Fi(無線LAN)を使った高速大容量ネットワークを整備します。児童・生徒を対象に、1人1台のパソコンを整備する計画となっており、国のロードマップにおける導入計画では、20年度は小5から小6、中1を対象にしています。21年度は、中2から中3、22年度には小3から小4、23年度では小1から小2までが対象となっています。パソコン導入に関しては、新型コロナウイルスの影響で、前倒しで導入する事も検討されています。

 ICTの技術は、ものすごいスピードで進展しています。AIやビッグデータ等、新たなワードも出てきました。情報社会から出てきた「GIGAスクール構想」は、経済的発展と社会的課題の解決を両立する事ができる大人の育成につながっていきます。子ども達にとってはコンピューターやクラウドの活用により、グローバル社会を生き抜く力となります。

 引き続き、議会から、新時代に適応し、創造性を育む事ができる教育環境の整備を推進してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

まっとうな政治を宮前区から

意見広告

まっとうな政治を宮前区から

立憲民主党神奈川県第19区総支部長 佐藤たかし

6月14日

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook