宮前区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス6月号 連載寄稿 「GIGAスクール構想」で未来に翔け2 〜情報化社会を乗り越える力を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 GIGAスクール構想の整備スケジュールが、当初の計画より加速する事になりました。構想は、ICT教育の環境整備を行い、1人1台の端末を子ども達が活用することで、学習を充実させるものです。

 新型コロナウイルス禍にあって、子どもたちの学習スタイルも変化してきました。学校の臨時休業により、ステイホームを余儀なくされる事態となり、自宅で学習する時間が増えたのです。リモート・ラーニングで授業を実施する学校も一部で見られるなどパソコンなどICT機器を活用した、学習スタイルが普及しつつあります。

 本市の当初計画では、令和2年度中に全ての市立小中学校、高等学校、特別支援学校に無線LANを使った高速大容量ネットワークを導入するとともに、令和2年から令和5年度にかけて段階的に、児童・生徒を対象に、1人1台のパソコンを整備する予定となっていました。

 コロナウイルスの影響を踏まえ、端末に関しては、大幅に前倒して導入する事になりました。令和2年6月補正では、約11万7千台の端末導入にかかる経費を計上しています。

 導入効果として、端末を活用した個別学習アプリの導入や、遠隔オンライン学習も可能となります。これまで活用していたブックスタイルの教科書を改め、デジタル教科書を活用する事が可能となるほか、動画やアニメーションを交えることにより、学習の理解度も増すことになり、本市が目指す、切れ目のない学習環境や、誰一人取り残すことのない、個別最適化された学びの実現を可能とします。

 IT技術の進展は、社会に新しい生活スタイルをもたらします。そうしたスキルを養うには、子どもの頃からICT環境に馴染み、情報リテラシーを育む学習が必要となります。次の社会に生きる子どもたちのために、引き続き、教育ICT環境の充実に向けて、議会にて取り組んでまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

台風19号教訓に最大限の対策を

県政報告

台風19号教訓に最大限の対策を

県議会議員(自民党)持田文男

10月30日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!決算審査と犯罪被害者等支援条例

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

バス路線 渋滞対策等を質問ペーパーレス化、本格運用へ

市政報告Vol.32

バス路線 渋滞対策等を質問ペーパーレス化、本格運用へ

川崎市議会議員 矢沢たかお

10月2日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!コロナ宿泊療養とホームレス対策

宮前区に2つ目の図書館・市民館を

市政報告

宮前区に2つ目の図書館・市民館を

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク