宮前区版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス7月号 連載寄稿 新しい宮前市民館・図書館基本計画(案)公表 〜鷺沼駅前再開発の今〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena

 新しい宮前市民館・図書館は、平成31年3月に「鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能に関する基本方針」を策定し、地域の活性化の核となる施設となるよう検討が進められてきました。令和2年2月には、「新しい宮前市民館・図書館に関する基本的な考え方」が公表され、令和2年5月28日に「新しい宮前市民館・図書館基本計画」(案)が示されました。

 計画では、新たな市民館ホールに対して2案示されました。案1は、現行の910席と同程度の規模で案2は、600人の大ホールと200人の小ホールに分けた配置です。平成30年度の市民館ホールの利用率は76%です。今後、立地性から見込まれる利用率を踏まえた計画としなくてはなりません。防災機能として、帰宅困難者一時滞在施設や備蓄機能も加わります。新規拡充スペースとして市民スペース、子ども・若者の居場所の設置も検討します。

 一方、図書館の計画では、新たな図書館の開架スペースの蔵書数は同程度を基本とするとしています。市民館の諸室と同じフロアーに設置し、融合を図ります。閲覧スペースには、カフェ等の民間スペースの活用も検討しています。宮前図書館は蔵書数24万5千冊のうち、開架スペースに約60%の蔵書を配架しています。市内で2位の貸出数となっており、新たな図書館には、スペース拡充も必要となります。

 私案です。新たな図書館には、民間のノウハウを積極的に取り入れて、サービスの向上を図るべきです。愛称をつけ、親しみを演出するのもいいでしょう。市民館としてだけではなく「音楽のまちかわさき」にふさわしい、音楽ホールに適応した機能も取り入れたいところです。駅から直結ゆえに、これまでの施設の枠を超えて、充実した幅広い機能を兼ね備えるべきです。令和7年度、または、令和8年度に供用開始の予定です。引き続き、区民のアイデアを結集した魅力ある施設となるよう、議会にて議論を重ねて参ります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

市立学校、コロナ対応の今!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

市立学校、コロナ対応の今!

〜臨時休業ルール改定〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月15日号

デジタル化で便利な社会に

国際ルール作り 主体的に 意見広告

デジタル化で便利な社会に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

1月8日号

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

市政報告Vol.33

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月8日号

町内会、民生委員の運営支援を

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

町内会、民生委員の運営支援を

公明党 川崎市議会議員 田村しんいちろう

1月1日号

市と教育委員会にコロナ対策を要望

市政報告

市と教育委員会にコロナ対策を要望

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

コロナ克服へ総力を挙げる

市民のシビックプライドを醸成 12月議会報告

コロナ克服へ総力を挙げる

公明党 川崎市議会議員 山田はるひこ

1月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク