宮前区版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿 町内会・自治会に新たな資金支援! 川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 町内会・自治会の活動に対する資金的な支援に向けた検討が進められています。町内会・自治会の運営は、その地域に住まう人から会費を徴収して、主な活動費に充てられています。新たな支援策は、公益的な事業活動の経費に対して、一部を市が補助する制度です。宮前区は現在、70町内会・自治会が活動しています。令和2年4月時点の加入率は約60・6%になります。全市平均の約59%をやや上回っている状況です。課題は、担い手となる区民の皆様に、地域活動をしやすい環境をどう整えるかです。

 町内会・自治会に対する新たな補助対象経費の事案が提示されています。防災面では、防災倉庫等に保管する備蓄品類の購入費用です。防犯面では、本市の条件を満たして設置された町内会・自治会が管理している防犯カメラの維持管理費です。広報関係では、会報誌の発行やホームページの新設・更新・維持管理費等も対象です。町内会・自治会館内のWi-Fi設置経費も含まれ、デジタル化にも目を向けます。開催中の川崎市議会定例会で関係した補正予算が上程されます。議会の議論を踏まえた上で制度化し7月以降に運用開始を目指しています。

 一方、既に支援制度を先行している横浜市では、町内会・自治会に対して「地域活動推進費」として補助制度を確立しています。自治会町内会・地区連合会が実施する公益活動を対象に、補助限度額を700円×加入世帯数として、補助率の上限を3分の1にしています。本市による新たな支援策も、横浜市の先行事例をお手本に、制度設計する事になります。

 地域活動が活性化すれば、安全・安心なまちづくりともリンクしてきます。注目の言葉があります。「協治」(ガバナンス)です。協治とは、それぞれの地域にある、町内会・自治会、NPO、企業、区役所等の多様な主体が、それぞれの役割を果たして地域の課題を解決していく社会を意味します。実現に必要な3つの「力」があります。地域住民がつながる「力」、知る「力」、行動する「力」です。本市の新たな支援制度が、そうした「力」を引き出し「絆」となるよう、効果的な支援策を市議会の場で議論してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ロケーション利用とアリーノ予約!

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

つながれ、ミライのまちへ!

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿

つながれ、ミライのまちへ!

〜宮前区制40周年〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook