神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2021年7月16日 エリアトップへ

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿 生まれかわる、緑とスポーツの聖地 等々力陸上競技場リニューアルへ! 川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2021年7月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

 2020東京五輪の開催が来週に迫りました。本市では、オリンピック・パラリンピックをレガシーとして、令和3年5月「等々力緑地再編整備実施計画改定骨子」(案)が示されました。市は、等々力緑地のエリア全体を、スポーツ環境を整えるためリニューアルする方向性を示しました。等々力緑地は、スポーツ観戦を楽しむ場のほか、良好な緑地空間や市民の憩いの場など、多面的な役割を果たしてきました。そんなスポーツの聖地も、令和4年2月に計画を改定し、社会情勢の変化を踏まえた再編整備を目指します。

 等々力緑地は、平成19年3月に都市計画マスタープランで「多摩丘陵の緑地と多摩川水系を骨格にした、水と緑のネットワークを育むための拠点」に位置付けられました。以来、14年の時が経っており、着々と施設の更新が進んでいます。計画骨子(案)では、目指すべき将来像として、緑地全体の再整備の検討、防災機能の強化、陸上競技場の最適化(球技専用化)、主な施設の再編等をテーマにしています。注目するのは「等々力陸上競技場」の整備済みのメインスタンド以外の施設改修です。計画骨子(案)では、現在の陸上競技場としての機能を廃止し「球技専用スタジアム」にする計画です。

 等々力陸上競技場は川崎フロンターレのホームスタジアムです。グラウンドの利用にあたっては、陸上競技とサッカーの競合等により、日程調整が困難を極めている状況です。休日にサッカーを観たくても、サポーター会員の私でもチケット購入が困難となっています。そこで、計画骨子(案)では、サイドバックスタンドを改修して球技専用スタジアムとし、整備します。現在ある陸上トラックをなくし、客席に替えます。現在の全体収容約2万7千人から3万5千人規模へと拡張します。改修により球技種目に特化し、Jリーグの日程調整もしやすくなります。サポーターにとっても、チケットの入手もしやすくなります。

 等々力緑地は、多数の運動施設を備える総合公園です。スポーツを通じて健康増進はもとより、人がつながり市民の活力の原点となるよう、今後の計画骨子(案)に意見してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook