宮前区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス11月号  連載寄稿 イノベーションは川崎から! 〜川崎を起点に成長戦略を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市には、ICT・エレクトロニクス・機械・バイオテクノロジー等、多くの研究開発機関が立地しています。本市は、そうした技術に支えられた「ものづくりの街」として発展・成長してきました。本市の持つポテンシャルを最大限に活かした政策により、地域経済はもとより国の経済をも牽引しています。市と国による連携した経済政策は、コロナ禍で痛んだ経済を再生する起点となっています。そこで、市内にある2つの拠点を紹介します。

 1つは「Kawasaki-NEDO Innovation Center」(幸区大宮町)通称K-NIC(ケーニック)です。市民の起業や創業を支援するワンストップ型のベンチャー拠点として、本市と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、公益財団法人川崎市産業振興財団の3者で運営しています。起業に関する相談窓口や、ワーキングスペースの提供の他、起業に関係したイベントを実施しています。

 K-NICでは、新たなビジネスに挑戦する市民に役立つ情報を提供しています。起業の実現から 事業成長の加速化、資金調達やビジネスマッチング等、あらゆる支援をしています。

 2つ目は、令和3年8月、Kawasaki Welfare Technology Lab(ウェルテック)が開設されました。川崎市複合福祉センター「ふくふく」(川崎区日進町)内にあり、市内の中小・ベンチャー企業を中心とした福祉製品の開発や改良を支援しています。こちらも同様に、本市と産業技術総合研究所、東京工業大学で共同運営しています。ウェルテックを拠点として、開発事業者が福祉現場のニーズを捉えられるよう、福祉現場との橋渡しを行っています。また、3者が開発・改良を目指す福祉製品等の定量的評価を行っています。

 2つの拠点はいずれも、産官学等の連携を進めています。市や国、学術機関のそれぞれの専門性を活かし、経済の牽引役となるベンチャーの芽をつくり育てているのです。キーワードは「新しい資本主義」です。成長と分配による好循環の完遂です。成長分野へ注力し、新たな技術やアイデアによってもたらされた新たな価値を、分配政策へと繋げるのです。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!ロケーション利用とアリーノ予約!

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

つながれ、ミライのまちへ!

宮前ガバナンス6月号  連載寄稿

つながれ、ミライのまちへ!

〜宮前区制40周年〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

VOL.57

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!請願権は国民の権利!

川崎市議会議員 浅野文直

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook