宮前区版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス12月号  連載寄稿 コロナ第6波に備えた体制を! 〜3回目のワクチン接種に向け〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena

 市議会健康福祉委員会に「川崎市における新型コロナワクチンの追加接種に係る取組について」が示されました。3回目の接種に向けて、本市の方向性が明らかになりました。現在、感染者数の状況は落ち着きをみせています。この感染者数の低い時期を捉え、第6波の到来に備えた体制整備を進めなくてはなりません。感染拡大防止の鍵は継続したワクチン接種にあります。本市における対象者(12歳以上)の新型コロナワクチンの接種率(令和3年11月17日現在)は、1回目で84・2%、2回目で82・1%となっています。本市の3回目の接種に向けた体制は次の通りです。

 主な接種スケジュールは、医療従事者等が令和3年12月から順次スタートしています。主に65歳以上の高齢者への接種は、令和4年2月からスタートします。高齢者以外の一般の方への接種は、令和4年3月からスタートします。2回目の接種終了から原則8カ月を経過するタイミングに合わせて、段階的に接種券を発送します。3回目の接種も予約制です。

 集団接種体制を継続します。令和4年2月から4月までは、高齢者の移動負担等を考慮して、市民館等における市内7カ所(各区1カ所)と、別途、大規模接種会場を市内に1カ所設置します。午前・午後を中心に土日も含めて週5日の運営です。一般接種の体制としては、令和4年5月から7月までの間、中部エリアとして高津市民館に開設します。午後・夜間を中心に、土日を含めて週6日の運営をします。巡回接種は、これまで154施設の協力医療機関の協力のもと、高齢者施設454施設、障害者施設514施設を対象に実施してきましたが、追加接種についても同様の取組を実施します。個別接種は、かかりつけ医療機関での接種を基本に、500施設の協力医療機関で接種体制を継続します。

 未だ感染者数のリバウンドのリスクがあり、オミクロン株の脅威も迫っていることから、接種のスケジュールの前倒しを求める声も出ています。ワクチン接種情報は、感染状況により変わる事もあります。本市のホームページや市政だより等の広報に注視し、3回目のワクチン接種を速やかに受けたいところです。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

市政報告Vol.41

「市道菅生433号線」の改良工事が完了

川崎市議会議員 矢沢たかお

8月12日号

補正予算案、コロナ禍に対応

県政報告

補正予算案、コロナ禍に対応

県議会議員(自民党)持田文男

7月29日号

「戦争を繰り返さないで」

市政報告

「戦争を繰り返さないで」

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

7月29日号

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

一人によりそう。明日へつなぐ 議会報告

PPAモデル活用で太陽光発電設備導入

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

7月29日号

安心して子育て出来る、街づくりを!

宮前ガバナンス7月号  連載寄稿

安心して子育て出来る、街づくりを!

〜(仮称)宮前区保育・子育て総合支援センターを整備へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

7月15日号

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

市政報告Vol.40

物価高騰対策として国の交付金活用を提案

川崎市議会議員 矢沢たかお

7月8日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook