神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2022年10月21日 エリアトップへ

宮前ガバナンス10月号  連載寄稿 市内バスにICT導入・高齢者の外出を促進! 〜決算審査特別委員会・健康福祉分科会で質疑〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2022年10月21日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市議会で高齢者外出支援事業について質疑しました。当該事業は、70歳以上の高齢者の希望者を対象に、乗車料の割引による外出の促進を図ってきました。高齢者外出特別乗車証により、高齢者の社会参加を促進し、健康づくりと介護予防に貢献しています。令和4年10月からは、ICT化を導入し、パスモとスイカによるサービスをスタートしています。

 利用者は2種類のサービスから選択してきました。一つは高齢者特別乗車証明書を掲示して、大人料金の半額でバスに乗車する方法です。ひと月あたり、乗車回数を10回未満としている利用者に効果的です。2つ目は、川崎市高齢者フリーパスを購入する方法です。例えば、ひと月1000円のフリーパスを購入すれば、1カ月間、何回でも乗車可能です。これまで紙の券を利用している事から、正確な利用実態が把握できていませんでした。ICT導入後は、適正な乗車料の算定を見据える事になります。

 高齢者外出支援乗車証(紙)のフリーパスをお持ちの方は、手続きに一定の期間を要するため、10月以降、フリーパスが利用できなくなる問題がありました。不利益がないよう、臨時に紙の券でも利用できるよう、対応を図ったところです。紙の半額パスについても、10月末まで半額で利用できる事になりました。更新手続は、パスモかスイカが中心となります。半額のサービスについては、チャージが必要となります。課金すれば継続して利用できます。フリーパスについては、従来どおり窓口に行って手続きします。従来の窓口に加え、市内の郵便局に販売窓口を拡大しサービス向上を図っています。

 川崎市議会・決算審査特別委員会・健康福祉分科会にて、ICTのメリットを活かすために、交通ネットワークの拡大を提案しました。タクシーやNPO、社会福祉法人等の運営する福祉有償運送バス、コミュニティバスなどへの利用拡大を検討するよう求めました。高齢者の方々が社会参加しやすい環境となるよう、サービスの拡充を推進してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

菅生保育園敷地の将来的活用について

市政報告Vol.48

菅生保育園敷地の将来的活用について

川崎市議会議員 矢沢たかお

3月29日

一年間の議会活動を振り返る

市議会報告  あしたの川崎・日本維新の会川崎市議団

一年間の議会活動を振り返る

 高戸ともこ

3月29日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!予算審査特別委員会での質問報告!

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

保育所等を誰でも簡単に利用できる時代

〜こども誰でも通園制度(仮称)導入へ〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook