神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2023年3月10日 エリアトップへ

宮前ガバナンス3月号  連載寄稿 かわさき電子図書館、いざオープン!! 〜読書のまち・川崎新時代〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2023年3月10日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市立図書館における、読書の選択肢が拡がります。近年では、ネットを通じて電子書籍をアプリで購入する機会も増えました。電子書籍のメリットは、本の置き場を必要とせず、時と場所を選ばず読書を楽しむ事ができます。本市では、電子書籍等を貸し出す「かわさき電子図書館」のサービスを始めます。図書館に訪れ、本来の読書の良さを楽しむも良し、電子書籍を楽しむも良し、読書の選択肢が増える事になります。

 令和5年3月21日からサービスの提供を始めます。図書館に行かなくても、手元の端末で電子書籍を予約、貸出、返却可能となります。利用可能な条件は、本市に在住、在勤、在学者を対象としています。利用可能な数は約5000点です。貸出期間は2週間までで、上限を3点までとしています。利用料金は公立図書館なので、勿論、無償です。

 令和4年11月に、先行実施している京都府図書館を視察しました。特筆すべきは、運営費の財源を、国の地方創生臨時交付金を活用している点です。予算額は、3000万円で3000冊を電子図書として提供していました。今後は、府の独自予算で購入し、拡充したい考えです。京都府図書館では、1回限りの購入の買取方式でやっています。そのため、電子書籍の単価は高くなり、普通の書籍代の3倍の値段となる課題はあります。

 本来の公立図書館の役割は、図書による「つながり」と「学び」を得る空間としての場を提供する役割を担う事です。一方で、インターネットの普及により、書籍をネットで購入したり借りたり出来る時代となりました。令和4年8月の「今後の市民館・図書館の管理・運営の考え方」では、「ICT等を活用した読書習慣の充実等の必要性」が示されました。本市の図書館も、ようやく電子書籍のレンタル事業を導入する時を迎えました。今後は電子図書館を拡大し利便性を高め、市民サービスの拡充へ向かうべきだと考えます。他都市の先行事例も踏まえて、継続した議論を行ってまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook