神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2023年7月21日 エリアトップへ

宮前ガバナンス7月号 連載寄稿 文化芸術を生田緑地から発信へ! 〜新たなミュージアムに関する基本構想〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2023年7月21日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市市民ミュージアムは、本市の貴重な郷土資料や芸術的な絵画やポスター、漫画、写真などを保管・展示する博物館機能と美術館機能を有した複合施設として、等々力緑地内に昭和63年に開館しました。令和元年東日本台風によって、地階収蔵庫が浸水し、約24万5千点の収蔵品が被災し、それ以降休館となっています。今年5月に「新たなミュージアムに関する基本構想」を策定し、事業展開の方向性を示しつつ、新たな開設候補地として「生田緑地ばら苑隣接区域」を位置付けました。

 市民ミュージアムの浸水被害の原因は、多摩川が計画高水位を超える過去にない水位となったことなどにより、多摩川へ排水される量が減り、その影響としてマンホールなどから溢水したものと考えられており、立地環境に課題がありました。 川に接する等々力緑地の地下に、収蔵品を保管していた点は、検証を必要としました。ハザードマップの被害想定区域外を、基本構想の最優先の条件としました。多摩丘陵の一角をなす生田緑地であれば、災害に対するリスクを低減します。

 また、生田緑地の周辺には多数の文化施設が集積しています。エリアには、川崎市藤子・F・不ニ雄ミュージアム、かわさき宙と緑の科学館、川崎市岡本太郎美術館、周辺施設をつなげば、集客の相乗効果も期待できます。そこで課題となるのが、アクセスと回遊性の確保策です。新たな遊歩道の整備も必要です。

 本市は、令和6年3月に「生田緑地ビジョン」の改定と、最短の想定ではあるものの同時期に(仮称)「新たなミュージアムに関する基本計画」の策定を目指しています。本市の誇る生田緑地の豊かな自然と文化芸術の融合を図り、本市のポテンシャルを高めたい考えです。今後は、議会においても、生田緑地へのアクセスと回遊性を高めるための議論を行います。市民ミュージアムの移転は、エリアの賑わいの創出や魅力の向上に貢献します。宮前区に隣接する緑地ともあり、宮前区側からのアクセス策も検討してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

まっとうな政治を宮前区から

意見広告

まっとうな政治を宮前区から

立憲民主党神奈川県第19区総支部長 佐藤たかし

6月14日

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook