町田版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

町田市 給食材の放射線量検査 市立小中学校 使用頻度高い10品目が対象

教育

 町田市は小中学校の給食の放射線量検査を開始した。3学期の給食開始日の今月11日から行い、2週間に1回の頻度で検査する。検査結果は検査後1週間ほどで、町田市ホームページで公開される。

-・-・-・-・-・-

 市内42校ある市立小学校は全て各校で給食を作る「自校直営方式」を採用している。一方、全19の市立中学校は委託方式でお弁当を選択できる「弁当併用方式」を採用している。

 放射線量検査を行う対象は、使用頻度の高い食材10品目で、牛乳とお米も含まれる。給食となったものを検査するのではなく、調理する前で納品業者から全校で使用頻度の高い食材を提供してもらい、それを検査する。

 検査は3月まで、2週間に1度の頻度で行われる。6回のうち、小学校は4回、中学校は2回実施される。

 町田市教育委員会は「昨年12月に厚労省から食品の新暫定基準値案(※)が提示され、今年4月に適用予定であることを契機に、現状を把握するために給食の放射線量の検査を実施します。また、保護者からの検査依頼も多く、不安を解消できれば」と話している。

 結果は検査から一週間前後に、検査食材放射線量などが町田市ホームページ(http://www.city.machida.tokyo.jp)に掲載される。

※(新暫定基準値)=厚労省は放射性セシウムによる年間被ばくの許容上限を暫定基準値の「5ミリシーベルト」から「1ミリシーベルト」に引き下げることを決定した。これにより、一般食品は500ベクレル/kgだった暫定基準値が、新基準値では100ベクレル/kgとなり、より厳しい値となった。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク