町田版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

二十祭まちだ 「古着の町田 広めたい」 桜美林大学学生がファッションショーを企画

社会

多数の観客が集まる中、古着に身を包んで特設ステージをランウェイした(15日撮影)
多数の観客が集まる中、古着に身を包んで特設ステージをランウェイした(15日撮影)

 二十祭まちだ実行委員会が今月15日、ファッションショー「二十祭Machida Collection」をぽっぽ町田会場で開催した。地元商店を巻き込みながら町田の特徴を広くアピール、地域活性化に繋げようという試みだ。

 同ファッションショーは、若者たち自らの手で作り上げる成人式「二十祭まちだ」実行委員会に所属する、桜美林大学・山口有次ゼミの2年生が中心となり昨年11月に企画された。「町田は、古着店が多いと有名だが、認知はまだまだ。町田系のファッションとして、知らない方にアピールできるよう古着のファッションショーを企画しました」とリーダーの坂本遼介さん(桜美林大学ビジネスマネジメント学群2年)。当日は、桜美林大学のミス・ミスターコンテスト出場者がモデルとなり、町田市内の古着屋がコーディネートした古着ファッションでランウェイを歩いた。またショーの合間には、他大学サークルによるダンスやお笑い、大道芸、ダブルタッチ(縄跳びを使ったパフォーマンス)といった企画で会場を盛り上げた。

 さらに同会場では桜美林大学の学生が、たい焼き、せんべい、ワッフルなど近隣の商店街のお店に協力を求め、限定の”お菓子セット”を販売。「ファッションだけに留まらず、町田の食べ物を紹介することで、地域の活性化に繋がればと考えました。たくさんの方に立ち寄っていただき嬉しかった」と副リーダーの飯田啓介さん(同)は話していた。 
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク